ランバ・ラルの青い機体!MS-04ブグの完成見本を紹介!

12.06.2016 · Category レビュー

 現在アニメーションシリーズが展開中の『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』より、ガンプラ「HG 1/144 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MS-04 ブグ(ランバ・ラル機)」が発売となった。今回は、その完成見本を紹介しよう。

 MS-04ブグはザクIとして知られるMS-05に先だって開発されたジオンのMS。本格的な実戦を想定して開発されており性能的にはMS-05に引けを取らない。最新作『機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜』では、月面スミス海における地球連邦軍のガンキャノン最初期型部隊(鉄騎兵中隊)との戦闘で、これを駆るランバ・ラルの機体は縦横無尽の大活躍を見せた。

 キットは、このMS-05のマッシヴなフォルムを余すところなく再現。それだけでなく、可動部の処理なども洗練されていてMSのキットとして全体的に高次元でまとめられている印象だ。

 劇中でも月面の戦闘はジオラマで再現したくなるほどインパクトがあった。史上初となるMS同士の本格的な戦闘に参加した機体でもあり、抑えておきたいガンプラといえるだろう。

HG 1/144 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MS-04 ブグ(ランバ・ラル機)
バンダイ/発売中(2016年12月3日発売) / 1,836円(税込)
購入はこちら:Amazon.co.jp

©創通・サンライズ
※掲載しました写真は開発中のため、実際の製品と異なる場合がございます。

LINK






コメントを投稿