ハレンチで魅力たっぷりなアルターの「古手川 唯」を余すところ無く紹介!

02.22.2016 · Category レビュー

 アルターが注力する作品のひとつ「To LOVEる-とらぶる-ダークネス」より、主人公・結城リトのクラスメイトにして風紀委員の「古手川 唯」が1/7スケールで好評発売中です。定価は11,800円(税抜)。原型製作をてるゆき氏が、彩色をアルター作品の多くのフィニッシュを手がける星名詠美氏が受け持ち、万全の体制で作り上げられたフィギュアになっています。

 このフィギュアは原作者・矢吹健太朗氏のイラストを元として、古手川 唯さんを抜群のスタイルで見事に立体化しています。めくれそうなスカートを片手で抑え恥じらいつつはにかむ表情をそえ、ワンシーンを切り取ったような世界観のあるフィギュアとして立体化しています。作中でも普段は“キリッ”としている彼女が恥らう姿はとても魅力的に描かれるシーンなだけにファンのハートをがっちりキャッチしてくれるシチュエーションではないでしょうか?

 動きを感じさせる複雑な表情を見せる頭髪や、隠しきれない豊満なプロポーション、柔らかさを最大限に表現しているふとももなど様々な角度から楽しめる逸品として手元に置きたくなるアイテムに仕上がっています。今回は彼女の魅力的な立体を隅々までチェックしていきます!

古手川 唯
アルター/2016年1月発売予定/11,800円(税抜)/1/7スケール(全高:230ミリ)/塗装済み完成品/原型:てるゆき/彩色:星名詠美/購入はこちら:でじたみん(楽天市場店Yahoo!店

■均整が取れた艶やかなプロポーションを彩南高校の制服でパッケージした古手川 唯は、流石アルターと実感させる仕上がりで、細かい心遣いが行き届いた退屈しないアイテムになっています

■いろいろな角度から見ても破綻することのない鮮やかな表情がとても印象的ですね

■丁寧に入れ込まれた眉やまつげ、ビシッと決ったアイプリント、そしてキリッとした雰囲気でありながら頬を染めて恥らう表情の調和は、彼女のキャラクター性を汲んだ良い演出です

■風を孕みうねる頭髪は複雑な動きを演出しています。これほど細く複雑な造形をこなしてるという点だけを鑑みても原型師さんの技量を感じることができます。また髪の隙間からその奥に覗く制服がより立体感を増していますね

■関節や肘などに繊細に入れ込まれたシャドウはより立体的に、そして柔らかさと温かみを感じさせる造形・彩色のテクニックは製品のクオリティを向上させています

■捻られたウエストをそこに現れるシワの表現などを通じ、スタイル抜群の姿態を丁寧に写し取っています

■取り外し可能な胸元に持つ手帳には「ハレンチな!」という文字が! 彼女を語る上で外すことの出来ない要素はしっかり抑えていますね

■スカートのプリーツを丁寧に表現しつつも動きを感じさせるシワの入れ方などじっくりみれば見るほど手の込んだ造りに感心します。さらには単純にラインを引いただけではないスカートの模様はもう感動すら覚えるポイントではないでしょうか

■このフィギュアの見どころのひとつ、このスカートを抑える仕草の自然さと作品の世界観とマッチしたシチュエーションが素晴らしいです

■柔らかそうな太ももの表現をぐっと引き立てるひざ裏とふくらはぎへの立体の流れが美しいです

■台座には彼女の名前が入れ込まれています。台座への固定は最近のアルター製品でよく用いられる金属の軸を併用し長期のディスプレイ対策もばっちり、末永く飾るための考慮が嬉しいですね

■アルターのアイテムらしくクリアのボックスに収まった「古手川 唯」のフィギュア。光が綺麗に入り込むデザインなのでボックスのままでもディスプレイ可能ですよね!

でじたみん 楽天市場店 でじたみん Yahoo!店

©矢吹健太朗・長谷見沙貴/集英社・とらぶるダークネス製作委員会




LINK


関連記事

コメントを投稿