見せてもらおうか!ガンプラ35周年の“REVIVE”ガンダムの性能とやらを

06.03.2015 · Category レビュー

 宇宙世紀のMSをリリースするHGUC(ハイ・グレード・ユニバーサル・センチュリー)としてお馴染みのシリーズは、ガンプラ生誕35周年を迎えて“REVIVE”という名のリニューアルを果たす。その第1弾は、先日紹介したガンキャノンだが、続く第2弾はRX-78-2ガンダムだ。

 もともとHGUCは劇中のイメージをソースとしてポージングを追求しつつ、形状としてはスタンダードを目指してきた。今回のガンダムも、バンダイが長年積み重ねてきたガンダムのイメージがひとつの答えとなって表れているといえる。

 特徴としては、肩周りの処理だろうか。腕を上に持ち上げても、肩アーマーが自然に追従する。これによってアニメで描かれている人間味のあるMSの可動が実現されている。

HGUC 1/144 RX-78-2 ガンダム
バンダイ/2015年7月25日発売予定/1,080円(税込)/購入はこちら:Amazon.co.jp

■今回のREVIVE版では、ツインアイ部分のパーツがクリアイエローによる成型となった

■ビーム・ライフルを両手で保持するポージングも自然だ

■腰部・後ろのマウントラッチにハイパー・バズーカを装着可能

■劇中のシーンを再現、ということで大気圏突入シーンを再現してみた

■無事大気圏突破を果たしたガンダム。このキットでは大きく開いた手のパーツが付属しているので、この名シーンが再現できる

ランナーの色分け、パーツ分割はこのような状態

■前述のように、ツインアイの部分はイエローのクリアパーツとなっている

©創通・サンライズ
※掲載した写真は開発中のため、実際の製品と異なる場合があります。

LINK





2 件のコメント 見せてもらおうか!ガンプラ35周年の“REVIVE”ガンダムの性能とやらを

  1. hm says:

    黒い部分(作例では塗ってありますが、カメラアイの部分含めクリアパーツです)とそのほかの赤い部分はパーツが分かれています

  2. ガンキラー says:

    目の黒い部分は別パーツですか?

コメントを投稿