コトブキヤから「タチイエロー」がプラモデル化、2015年10月発売

06.02.2015 · Category レビュー

 コトブキヤは、今年25周年の「攻殻機動隊」シリーズより、作中でも人気の「タチイエロー」を1/35スケール(全高約65ミリ)でプラモデル化、2015年10月に発売予定。価格は3,500円(税抜)。

 コトブキヤの同シリーズの『多脚戦車「剣菱重工 HAW206」試作車ver.』と同じ1/35スケールでの立体化となる。コミカルでありながら、メカニックとしてのリアリティを重視した設定を余すことなく再現している。

 外観やコクピット内部までこだわって造形、後部コクピットハッチおよび上部ハッチは、差し替えなしで展開が可能。また、タチコマの「50mmグレネードランチャー」部分は新規造形にて非武装版に変更された。さらに足のストライプ部分や「松桂建設」のロゴは新規デカールで再現できる。さらに、同スケールの「草薙素子」(搭乗姿勢)、「バトー」の未塗装フィギュアが付属する。

 後部コクピットハッチ上部と体の下部分は塗装済みパーツが封入となり、組み立てるだけで設定に近い仕上がりになる。

タチイエロー
コトブキヤ/2015年10月発売予定/3,500円(税抜)/1/35スケール(全高約65ミリ)/原型製作:毛利重夫、田村充伸/購入はこちら:Amazon.co.jp

©士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊製作委員会
※掲載した写真は開発中のため、実際の製品と異なる場合があります。

LINK




コメントを投稿