情け無用のブライガー! ダイナマイトアクション!で颯爽登場!!

01.26.2015 · Category レビュー

『夜空の星が輝く陰で
 悪(ワル)の笑いがこだまする
 星から星に泣く人の涙背負って宇宙の始末
 銀河旋風ブライガー
 お呼びとあらば即参上!』

 柴田秀勝のナレーションで始まるこのOPが強烈に印象的な『銀河旋風 ブライガー』! 精力的にシリーズを展開しているエヴォリューショントイのダイナマイトアクション!シリーズに、ブライガーもついに参戦です!

 今回も、マグネット関節を活かしての、ブライサンダーやブライスターへの変形を見事に再現。各種武装が全種付属するなど、プレイバリューの高い仕様は今回も健在です。

ダイナマイトアクション! No.17 銀河旋風ブライガー ブライガー
エヴォリューショントイ/2015年2月予定/20,800円(税8%込)/ノンスケール(全高:約180mm)/ 購入はこちら:でじたみん(楽天市場店Yahoo!店

■変形も考慮しつつ、ほどよくマッチョなスタイルに仕上げられています

■スーパーロボット的な微妙な曲線を描く脚部や手足のバランス感覚は毎度素晴らしいですね

 造型クオリティは今回も良好で好感が持てます。昔のアニメは立体化を考慮していないので、いかに立体化するか、センスの問われるところですが、このブライガーもお見事です。

 塗装はソリッドな赤に、メタリックのミッドナイトブルーやシルバーで仕上げられています。シルバーは、お馴染みの色合いですね。樹脂製のボディですが、しっかりした塗装の仕上がりとマグネット関節の鉄球の重量により、ずしりと手元に感じることができる重厚感も健在です。

■肘関節はマグネット+可動軸により可動範囲も十分に確保

■特徴的な顔のディテールも再現。肩の関節がギザギザになっていますが、ダイナマイトアクションではお馴染みの仕様。カチカチッと小気味良く可動しつつ、保持力もばっちりなのです

■脚部は変形のギミックが集中しているほか、独特の曲線美が楽しめるポイント

 ブライガーの多彩な武器もしっかり再現されています。ブライ・ソード、コズモワインダー、ブライスピアといった基本武装はもちろん、八奈見乗児演じるパンチョ・ポンチョが持ってきてくれるブライ・カノンも用意されているのはうれしいですね。

■2丁拳銃のイメージであるコズモワインダーは2つ用意されています。上下逆にして、戦闘艇として周囲に配置してもいいかも

■ブライスピアも装備可能です。3本爪の手なので、各種武器をしっかり保持できるのは良いですね

■そして、ブライ・ソードも! 主役メカにはやはり剣が似合います

■歌詞にも登場する、ウルフのマークも護拳に綺麗にプリントされています

■必殺のブライ・カノン、ショット!も再現可能!

■きっちり両手で構えることが可能です。やはりキャノンは男のロマンですね

■ぐるりと回転させて背中に背負った状態にもできます。これも格好良いですね

 ダイナマイトアクションでは、マグネットを利用した変形がお馴染みですが、今回も専用の換装パーツを利用することで、ブライサンダーやブライスターが再現できる様になっています。

 そもそも、シンクロン原理で大きさそのものが変化するという大胆な変形を行うロボなのに、各形態でのプロポーションも秀逸。パーツ構成にセンスを感じますね。変形時にマグネットでカシン!カシン!と合体していくのも実に小気味良いのです。

■変形は換装パーツを使用。ブライサンダーの場合は、ボンネットとボディ部分を丸ごと換装します

■大胆ですが、これによって良好なプロポーションを維持できるわけですね

■ブライスターへの変形は、まず足を変形させて……

■脚の間に来る太腿やノーズが換装パーツとして用意されています。磁石で関節部分に挟み込むようにして固定します

■これで変形完了!

■いわゆる飛行形態というわけですが、差し替え変形なのでプロポーションにもまとまりがありますね。出来がよいと、遊ぶときのテンションも上がります!

「ブライガー」は未だに根強い人気のある作品ではありますが、立体化の機会がないとは言わないものの、それほど選択肢が多いわけではないのも事実。

 ダイナマイトアクション!のブライガーは、各種武装を完備、ブライサンダーやブライスターへの変形もこなすなど、必要なギミックはしっかりと押さえた内容なので、ファンならばコレクションに加えておきたいアイテムといえるでしょう!

©国際映画社・つぼたしげお
※画像は開発中のものとなり、実際の商品とは仕様などが異なる場合があります。

LINK

Tags:

コメントはありません 情け無用のブライガー! ダイナマイトアクション!で颯爽登場!!

  1. 細かいことが気になるもので says:

    出だしのナレーションは柴田秀勝氏です。

コメントを投稿