「ガンダムUC」のネェル・アーガマが彩色済みハイディテールモデルで発売中!

09.17.2014 · Category レビュー

 「コスモフリート」シリーズとして、「ガンダム」などの艦船ものを積極的に展開しているメガハウスから、「コスモフリートスペシャル」として、一回り大きなハイクオリティ艦船シリーズがスタート! 

「宇宙戦艦ヤマト2199」のドメラーズ3世などがすでにリリースされているシリーズですが、「ガンダム」シリーズも参戦です。それが今回ご紹介する「コスモフリートスペシャル ネェル・アーガマ」なのです。

■UC版のネェル・アーガマを立体化! 白く直線的な姿が凛としていて格好良いのです

■エンジン部分のディテールがラーカイラムみたいになっていたりと、ZZ版とは細部のディテールが異なるのですよね

■巨大なエンジンノズルが10基も並んでいるのは圧巻!

 5枚のMSデッキに翼やハイパーメガ粒子砲などを装備するなど、各「ガンダム」作品で主人公たちの乗艦として活躍した艦船のいいとこ取りともいえるデザインは外連味たっぷりでなんとも魅力的です。

 その人気も一二を争うのではないでしょうか。「機動戦士ガンダムUC」での活躍やいくつもの印象的なシーンの舞台となったことが記憶に新しいですね。

■アーガマ的なMSデッキやブリッジに、ホワイトベース的な翼やレイアウトが、それまでの集大成的なデザインになっているのですよね

■多数取り付けられた対空砲も再現されています

■ブリッジまわりもディテールが細かいですね。艦船もののこうしたスケール表現は実に魅力的です

■MSデッキもただの板ではなく、細かなパネルライン表現が施されています

■各部には内部構造が露出している部分などもありますし、MS格納庫ハッチのふちにもディテールが施されています

■船体各部には垂直発射式ミサイル用のハッチと思われる格子状のディテールも施されています。また、翼の折れ曲がる箇所のいかにも可動しそうなディテールも良いですよね

■MSを同時展開できる複数のMSデッキを装備した艦船はUC世界では標準的ですが、これがまた何とも格好良いのですよね

■後方のMSデッキは着艦用とのことですが、ここからも発進できそうです

■船体のディテールの密度感にもご注目ください。これ、17cmくらいしかないんですよ

 これまでメガハウスが手がけてきた「コスモフリート」シリーズよりも二回りも大きい、全長約17cmですから概ね1/2200スケールといったところでしょうか。なんと、ガンプラのアーガマとほぼ同スケールです。1/2400のホワイトベースとも、なんとか並べられるかな? 艦船系は大きさも様々なのでなかなか同スケールでは難しいだけに、うれしいところですね。

 また、このサイズながら、しっかりと深めのディテールが施されていて、ガンプラで言えばEXモデルのホワイトベースやムサイのような、今風の仕上がりとなっています。素材はABS主体なので、薄い翼やMSデッキが歪むようなこともなく、モールドもシャープです。

■上面はディテールが特に豊富です。複雑な構造をよく再現していますよね

■メガ粒子砲を内蔵した盾のような構造物はホワイトベースからの伝統ですね

■エンジンや砲塔周りのディテールもスケールものの艦船モデルにひけをとりません

■エンジンなどは、「ZZ」以降の作品である「逆襲のシャア」などで採用されているデザインをフィードバックしていますね

■意外と細かい面構成によるフォルムなのですよね。細部まで見ていくといろいろと細かな発見があって面白いです

■宇宙空間で下側から接近するとこんな風に見えるのでしょうね。船体下面にも細かなディテールが施されています

■中央のMSデッキの下にはおなじみのハイパーメガ粒子砲が!

■これだけ近くによっても破綻のない細かな仕上がりには驚かされます

■アーガマ譲りの精悍なブリッジにも細かくディテールが施されています

■ディテールを損なわない専用のディスプレイに載せて飾れるようになっています

■ネェル・アーガマの格好良さが一望できるベストショット!

■後方から見てもいろいろとディテールが詰まっていて格好良いですねえ

■燃料タンクとおぼしき円筒状の構造物が特徴的なエンジン周りも精密に再現されています

■ハイパーメガ粒子砲は発射態勢のものも付属。差し替え可能なのです

■左右のMSデッキは裏にもカタパルトがあるのですよね。5機同時に出撃できるわけですね

■見る角度を変えると非常にすらりとした姿にも見えるから不思議です

■同スケールのユニコーンガンダムやリゼル、ジェガンといった艦載のMSが付属します

■ハッチは差し替えでオープン状態にもできるのです

■MSデッキをフル活用している状態で飾れます

■発進シーンというのはなんとも盛り上がります

■MSデッキではep.7でシュツルム・ガルスとの攻防が印象的でした

■付属のMSは全高5mm程度の極小サイズ。ちょっとスミ入れしてみたり、ピンポイントで部分塗装をしてみたりするとさらに映えそうです。ジェガンはエコーズ仕様のカラーリングにしても良いですよね

■ランナー状態で同梱されているので、この状態で塗装してしまうとよろしいかと

■武器や盾なんかもそれっぽいものを自作して持たせるとなお良さそうです

■後部デッキに置いてみても良いですね

■専用ディスプレイはこのように置くだけの仕様なので、本体に取り付け穴が空いたりしていないのです

 プロポーションやディテール面での満足度は高く、それなりに存在感がある大きさになっています。なおかつコレクション性も高い大きさなのが良いですね。艦船好きなら、抑えておいて損はないでしょう。

 以前と違って艦船までガンガン発売される時代ではないので、メガハウスの取り組みは本当貴重ですよね。この「コスモフリート スペシャル」は「ガンダム」作品ではこの後、「Vガンダム」のリーンホースJr.や「逆襲のシャア」や「UC」のラーカイラムも予定されています。これらも17cmサイズでは非常に貴重な立体化ですよね。是非、ドゴス・ギアやグワダンをはじめとする、いわゆる敵方の艦船も展開していただきたいところです。

■後方からのカットが格好良いのは良い艦船デザインの証! 是非、続くシリーズもあわせてコレクションしてみてください

コスモフリートスペシャル 機動戦士ガンダムUC ネェル・アーガマ
メガハウス/2014年8月80日発売/4,536円(税8%込)/ノンスケール(全長:約17cm)

でじたみん Yahoo!店 でじたみん 楽天市場店

©創通・SUNRISE

LINK

コメントを投稿