マリーダさん最後のMS HGUC クシャトリヤ・リペアードを素組みレビュー

06.04.2014 · Category レビュー

 HGUC クシャトリヤが発売されたときもその大きさに驚かされたものだけど、今回発売となったHGUC クシャトリヤ・リペアードもかなりのもの。ただでさえ大きなクシャトリヤの身長よりもさらに大きなプロペラント・ブースターは迫力十分! 1/100スケールのガンプラと並べても遜色ないくらいだ。

 とはいえ、組み立てに際しては難しいところもないのでご安心を。

 ギミックとしては、2つに減ってしまったバインダーの外側が、開き、内側にびっしりと左右12基ずつ、合計24基のファンネルを装備。武器として、左腕にくくりつけたビーム・ジャベリンと、右脚に内蔵したビーム・ガトリングを備える。また、ビーム・サーベルも2本付属する。

 episode 7でのマリーダさんの搭乗MSということで、ファンとしては是非とも手に入れたい。

■ハイパー・ビーム・ジャベリンはかなり大きくてケレン味たっぷり

■巨大なプロペラント・ブースターは、パーツ構成は比較的シンプルで、軽量化が図られている

■本体だけなら17cmくらいなのだが、バインダーとこの巨大なプロペラント・ブースターが巨大なシルエットを生み出している

■胸部のメガ粒子砲は2箇所が壊れているようで蓋がされている

■頭部もクシャトリヤから変更され、がらりと印象が変わっている。ただし、内側にはモノアイがある

■バインダーとプロペラント・ブースターを支えるフレームはロック機構付きなので重さに負けてへたる心配はない。なお、HGUC クシャトリヤをお持ちならお気づきだと思うが、フレームの成形色は重量感のある黒鉄色になっている

■バインダーの内側は新規パーツ。以前ファンネルが収まっていた箇所は蓋がされている

■その代わり、外側が開き、内側にファンネルが並んでいる。取り外しも可能だ

■ブースター下部の支えは収納もできるようになっている。オレンジのラインはホイルシールで再現

■フック船長を思わせる外装のない右脚

■内側にはビーム・ガトリングガンを内蔵

■無骨な印象だが足先は可動もする

■足の裏側に銃口が隠れている

■右手でハンドルを握って撃つのだ。ちゃんとマガジンやセンサーが外側に露出していたりして急造感満点なのが面白い

■異形感がかなり格好良いHGUC クシャトリヤ・リペアード。渋い感じに作り込みたい。ちなみに、支えがあるので、安定感はかなり良い。アクションベース(もちろん「2」ではなく「1」)にも対応

HGUC クシャトリア・リペアード
バンダイ/発売中(2014年5月)/7,020円(税+8%込)/1/144スケール(全高:約17cm) / 購入はこちら:Amazon.co.jp/でじたみん(楽天市場店Yahoo!店ホビーサーチ

©創通・サンライズ
※掲載した写真は開発中のため、実際の製品と異なる場合があります。

LINK


関連記事

コメントを投稿