『ソードアート・オンライン』より ジャージ姿の“縁側スグ”を立体化!

05.21.2014 · Category レビュー

 バーチャルリアリティな世界のMMORPGをモチーフに、仮想世界と現実世界の物語を描いた「ソードアート・オンライン」。

 シリアスなシチュエーションながら、懸命に生きるヒロインたちが可愛すぎて、毎週画面に釘付けになっていた人も多いはず。

 今回ご紹介するのは、アルターの桐ヶ谷直葉! ご存じ主人公キリトの妹で、スグの愛称で呼ばれるヒロイン。1期後半のフェアリーダンス編での姿がとにかく印象的でしたね。

 そんな直葉が、アニメ16話のワンシーンを切り取った形で立体化されました!

 縁側にちょこんと座ったポーズがキュートな直葉フィギュアの魅力を、さまざまな角度から撮影した写真とともに紹介していきますよ!

■綺麗な足を上げての、おどけたポーズが可愛いですね

■直葉が座る縁側型の台座も含め、ヴィネット風に仕上げたフィギュア化!

■上半身は色気のないジャージ姿ですが、しわの入り方などの造型的な作り込みもすごいのです

■上目遣い気味の目線に合わせた角度も良し

■すらっとしたおみ足を正面から。ショートパンツの隙間がなんとも悩ましげ

■目線を外して、ちょっと黄昏もーど。角度を変えて眺めても、いい感じのかわいさがあります!

■アイプリントがとてもキレイ。眼力(めぢから)のある表情になっております

■胸のサイズは作中の登場人物の中でも最大級

■胸付近のシワの造形が、ジャージの下からでも「確かなボリューム」を主張していてグッドであります

■ポーズ敵にちょっと寄せてくれているのも良い感じ

■胸だけでなく、素足もコンボで!

■両足の浮いた微妙なバランスですが、磁石でしっかり固定されているのです

■少しだけ開いた口元の造形や淡い塗りが、彼女のあどけない表情を際立たせております

■お皿に乗ったマフィンや豆乳の紙パックといった小物も含めて、ビネット風ならではの空気感がいいですね

■パッツン前髪やヘアピンで留めた髪の生え際なども丁寧な仕上がりです

■ショートパンツから伸びる素足という無防備さが堪りませんなあ

■こうして見ると、もじもじっとした感じににも見えますね

■それにしても、なんとも眼福なボリューム感であります

■ちなみにショートパンツの隙間のあたりも、しっかりと造形されているのですよ……!

■スタイルの良さはさすが剣道少女、といったところ

 すらりと伸びたおみ足がなんとも美しく、思わず目が奪われる今回の直葉フィギュア。立体物のいいところは、実際に手にとって劇中とは違った角度から眺めることができることですよね。

 ぎゅっと寄せた胸のあたりやショートパンツの隙間など、見どころもいっぱいのフィギュアですが、付属する食品類などの小物や縁側の丁寧なつくりにもご注目ください。

 木目まで造形された縁側の中央には磁石が仕込まれており、脚を少し上げた直葉のポーズを邪魔しない絶妙なバランスでディスプレイできるのが嬉しいのです。

 磁石なので、お尻に余計なジョイントが見えないのも良いですし、縁側ではなくクッションとかに座らせても良さそうですよね。

 それに、縁側を他のフィギュアのディスプレイに使うなんて楽しみ方もできそうです。

■台座は後ろから見るとコンクリート壁になっており、通風口までしっかりと作られております

■ふくらはぎや足先のラインがとてもキレイ。爪の造形もかわいらしい

■すらりと伸びたおみ足がまた素敵

■お尻の造形を邪魔しないよう、台座とは磁石でくっつく仕様です

■ちょこっと置かれたマフィンと豆乳。小物の作り込みにもぜひご注目ください

■紙パックの裏側も本物みたいに作り込まれています

■縁側は木目まで再現

■ちょっとした食品サンプルのような出来栄えです。眼福眼福。ええ、見てもらおうとしているのはマフィンとかのほうですよ?

 ぽわっとした表情もかわいらしく、健康的でそこはかとないセクシーさもある今回の直葉フィギュア。

 いろいろと角度を変えて眺めても、かわいい! と思える造形は、ファン目線で見ても花マルの合格点!

「ソードアート・オンライン」はアニメーションの2期が今年7月から放映される予定で、今後のラインナップにもさらなる期待が持てる作品であります。

 2期で描かれるファントム・バレット編のヒロイン・シノンも実に立体映えするキャラクターなので、ぜひともフィギュア化を希望!

ソードアート・オンライン 桐ヶ谷 直葉
アルター/2014年5月発売/8,424円(税8%込)/1/8スケール(全高:約16cm ※台座含む)/原型:無銘

でじたみん Yahoo!店 でじたみん 楽天市場店

©川原 礫/アスキー・メディアワークス/SAO Project

LINK

コメントを投稿