発売までもう少し! HGAWのダブルエックス、起動!

10.09.2013 · Category レビュー

 

 いよいよ発売の近づいてきた「HGAW ガンダムダブルエックス」。「HGAW ガンダムエックス」に続く待望のキット化だ。以前、塗装されたサンプルバージョンをご紹介したが、今回は製品とほぼ同等のテストショットを素組みしたもの。プロポーションやギミックはもちろん、ホイルシールや成型色などもチェックしてほしい。

■大きく張りだしたツインサテライトキャノンのリフレクターや肩に負けないがっしりした胴体や脚部に仕上がっていて、頼りがいのあるがっしりしたプロポーションになっている

■巨大なツインサテライトキャノンが印象的。リフレクターは綺麗に折りたたまれる

 プロポーションはがっしりしたやや太めの印象だ。ツインサテライトキャノンなどのごつい装備に合った安定感のあるバランスに仕上がっている。

 ギミック面では、ツインサテライトキャノンの発射態勢の再現も完璧だ。放熱板などの展開も再現されている。武装は、バスターライフルと、ディフェンスプレート(シールド)、ハイパービームソード×2が付属。ビームソードは高出力の刀身をクリアパーツで再現している。

■胸のクリアパーツの内側にはホイルシールを貼るようになっている。内側できらりと反射するのが格好良い

■角飾りや頬のフィンはおなじみのフラッグ付き。綺麗に成形してあげれば見映えもかなり良くなりそう

■胸のダクトやブレストランチャーまわりは成型色の異なるパーツ構成でしっかりと色分けが行われている

■角飾り中央の赤い部分はホイルシールなのだが、非常に精度が高いのでパーツ面にピタリと沿わせることができる

■胸のクリアパーツ内側のホイルシールは正面のみでサイドは成型色のままとなっている。反射としてはこれで十分と思われるが、気になる人はホイルシールの余白などで補うのも良いだろう

■バスターライフルはセンサー周りとそこから伸びるバレル中央のグレーの部分がホイルシールでの再現となっている。銃口部分の成型色はグレーだ

 成型色の再現はほぼ完璧で、おなじみのカメラやセンサー系のほか、ツインサテライトキャノンのリフレクター部分や角飾り中央の赤い部分、バスターライフルのグレー部分、膝や腰の逆三角マーク、脛の黄色いダクトまわりがホイルシールでの再現となる。また、マイクロウェーブ受信部分のグリーンのクリアパーツの内側にもホイルシールを貼るようになっている。リフレクター部分と合わせて、ホイルシールが大活躍だ。塗装ではなかなか出せない光沢なので、これはうれしいところ。

 今回は、特に手を入れていないが、サテライトキャノンの銃口など必要な箇所にスミ入れを施してやるとさらに引き締まった印象に仕上げることができるだろう。

■ツインサテライトキャノンは改めて見るとその大きさに驚かされる

■ディフェンスプレートは中央の赤い部分がしっかりと色分けされている。赤も落ち着いた良い色で好印象

■可動範囲は必要十分といったところ

■各部関節はオール・ガンダム・プロジェクトで発売となるガンダムシリーズ共通のもので、「ガンダム ビルドファイターズ」のシリーズと互換性があるもの

■腰のハイパービームソードはそのまま取り外して手に持たせることができる

■ビームの刀身は高出力で波打った様子を再現している。なお、軟質素材ではなく通常のクリアパーツと同じ硬い素材だ

■リフレクターのホイルシールの反射がまぶしいツインサテライトキャノンの発射ポーズを再現。ちなみに、リフレクターの反射面は、HGAW ガンダムエックス同様、しっかりとモールドも施されているので頑張って塗装してみるのもアリだろう(※アクションベース2は別売りです)

■手足の放熱板の展開ギミックもしっかりと再現されている

■砲身が伸び、肩から出てくるセンサーがしっかりとキャノンとかみ合うようになっている

■肩はボールジョイント仕様。可動範囲は十分でこれくらいは動いてくれる

 それにしても、これだけ出来の良いダブルエックスが手に入るとなると、一緒に遊べるGファルコンが欲しくなってしまう。ぜひ改めてキット化してほしいものだ。

HGAW 1/144 GX-9901-DX ガンダムダブルエックス
バンダイ/2013年10月11日発売予定/1,785円(税込)/1/144スケール(全高約12cm)
購入はこちら:Amazon.co.jp / でじたみん( 楽天市場店Yahoo!店ホビーサーチ

©創通・サンライズ
※アクションベース2は別売りです

LINK


関連記事

コメントを投稿