ロボ師のEX合金!大空突き進むゲッタードラゴン大紹介

04.18.2013 · Category レビュー

 アート・ストームの「EX合金 ロボ師WORKS」シリーズの新アイテムとして、『ゲッターロボG』の主役メカ3体がリリースされる。今回はそのうちゲッタードラゴンのデコマス(彩色見本原型)を紹介しよう。

 ゲッタードラゴンは主人公たちゲッターチームの3人が操るゲットマシンのうち、ドラゴン号をトップにライガー号+ポセイドン号の組み合わせで合体する最も基本と呼べる形態だ。身長は50m。ドラゴンマッハウイングで飛行し、武器はドラゴンダブルトマホーク。この戦斧の両手保持スタイルはゲッターロボの象徴でもあり、まさに「勇姿」と呼ぶに相応しい迫力がある。

 巨大感、存在感というのはロボットをかたどったフィギュアには大切な要素だ。現物を目の前にし、撮影していると感じるのは無言のうちに空間を支配する圧倒的なまでの迫力だ。実際に重量もかなりのもので、必ずや「買って良かった」と思える作品であると保証したい。3体を購入すると10万円規模となるが、きっと君の一生の宝物(コレクション)となるはずだ。

 受注は3体とも4月30日までとなっているが、今のうちに予約しておくことをオススメする。購入はこちら

■元のデザインではドラゴンマッハウイングは燕尾状のマントだが、大きくアレンジされて肩アーマー+六枚翼に

■胸部と腕部は「地」属性のゲッターライガーが担う。変形により大きく形を変える設定だが、各部の意匠に名残を留める(ロボ師WORKSのゲッターは変形及び合体はしません)

■合金をふんだんに使用しており、かつ巨大なため(全高は26cmになる)、重要部分の関節はラチェット式で強力な保持力を得ている

■各機の属性を示す「天」「地」「海」の文字が背中に直列するというアイデアも素晴らしい

■脚部を受け持つのは「海」ポセイドン号

■どっしりした脚部には、パネルラインからメカの構造物が見える。わずかに曲面を描く外形ライン、複雑な面構成だがこれを合金で再現している技術力の高さには感動する

■標準で付属する主武装のドラゴンダブルトマホーク。もちろん2本付属するぞ

■こちらは「ゲッタードラゴン」「ゲッターライガー」「ゲッターポセイドン」の3体を同時購入するともらえるダブルGトマホーク。変形及びパーツ差し替えによって形態をチェンジできる。写真はミサイルタイプ

■上がガトリングタイプで、下がミサイルタイプ。グリップが可動して斧から銃器に近い形状へ変わる

■ガンメタルやシルバー、ゴールドなど塗り分けも多彩で「オマケ」の域を超える完成度。まさに選ばれた勇者にだけ与えられる特典だ。また、専用の持ち手(ゲッタードラゴン用)もこのスペシャルパーツに付属するという

■付属品は握り手や開き手、そのほかゲッター炉心などが付く

■変形前のドラゴン号も立体化されている。機体下部には合体時に腕部となる部位がエンジン的なアレンジとなって配置された

■手に持った大きさはこのくらい

■専用ディスプレイベースが付属。裏側には合体時に背中に見える「天」のマークがある

■EX合金恒例のギミックでもある「フェイスオープン」。頭部のカバーを外すことができ、胸部カバーは開閉式。胸部中央にゲッター炉心が見える

■単純に「内部構造まで作り込まれたロボット」のひと言ではいい表せない生々しいまでの迫力。このゲッターには魂がある

EX合金 ロボ師WORKS ゲッターロボG ゲッタードラゴン
デザイン:佐藤[ ロボ師 ]拓
原型製作:森口あらん(XELFLEX)・Studio ART STORM
製品仕様:ノンスケール 塗装済みダイキャストモデル
商品サイズ:約260mm
材質:ダイキャスト・ABS・PVC・POM
セット内容:ゲッタードラゴン、ドラゴンマッハウイング、 ドラゴンダブルトマホーク×2、ゲッター炉心、フェイスマスク、リアクターコイル×4、握り手(左右)×各1、 開き手(左右)×各1、持ち手(左右)×各1、ドラゴン号、本体用ベーススタンド、ゲットマシン用ベーススタンド
価格:32,800円(税込)+1,000円(送料・代引き手数料)
受注締め切り:2013年4月30日
発売予定時期:2013年10月
購入はこちら

©GO NAGAI・KEN ISHIKAWA/DYNAMIC PLANNING
※掲載しました写真は開発中のため、実際の製品と異なる場合がございます。

LINK

コメントを投稿