ガンプラはMG νガンダム Ver.Kaで新たな時代へ! その1

01.23.2013 · Category レビュー

写真!

 昨年の12月中旬にバンダイのMG νガンダム Ver.Ka(税込価格7,350円)が発売されました。νガンダムはアムロの最終搭乗機体であると同時に、フィン・ファンネルという強力なサイコミュ兵器を搭載したガンダムということもあり、ファンの中でも特に人気のあるMSですよね。フィン・ファンネルを片側に装着したアシンメトリーなシルエットも非常に印象的です。

 そんな、νガンダムがMGのVer.Kaとして、新たに発売されたのが今回のキット。「GUNDAM EVOLVE PLUS #5」に登場したよりメカニカルなνガンダムをベースにカトキハジメ氏がデザインをリニューアルしたものとなっています。特徴的なのが、昨今のユニコーンガンダムの設定をフィードバックした、サイコフレームの表現でしょう。発動モードが新たに設定され、発動モードではグリーンのサイコフレームが機体各所に露出するように!

 非常に見所満載のキットで、作ってヨシ、ギミックを楽しんでヨシという誰にもオススメのキットです。今回はボリュームも膨らんでしまったので、2回に分けてお伝えしたいと思います【第2回はこちら】。

写真!
■言わずもがなですが、素組でスミ入れだけしただけでこの状態です。非常にメカニカルで、情報量が多いですね。それでいてプロポーションの破綻がありません。また、各部のアポジモーターやノズルの内側まで完全に色分けされているのです

写真!
■見る角度によっても結構印象が変わります。実際に手にとって自分のイメージに合う角度を探してみるのも良いかもしれません

写真!
■フィン・ファンネルも装着可能。今見ても非常に独創的なデザインですよね

写真!
■背中にはバズーカを装着できます。バズーカは砲身が伸縮するので、構えた時、背中に背負った状態いずれの時もバランスが取れています。細かいところですが、シールドの内側も身が詰まった感じで好感が持てます

写真!
■スミ入れに使用したのはスミ入れ塗料です。白いパーツにグレイ、グレイのパーツにブラック、赤や黄色などのパーツにブラウンを使っています。ABSではないので安心して使用できました(笑)

 まず、実際に作ってみるとそのボリュームに圧倒される一方で、夢中になって作っている自分に気がつきました。20m超のMSですから普通に大きいのは確かですし、ギミックも多いので非常に中身が詰まっています。実際、腕や脚など各部を組み立てていると他のMGのキットを作っているよりも時間はかかります、けれど、ストレスが圧倒的に少ないんです。非常にボリュームたっぷりですが、手間はいつものMGと変わらないと思います。

 バンダイならではの巧みなパーツ構成もありますが、その理由はABSが一切使われていないことにもあるようです。今回はフレームなどのパーツもすべてPS素材になっています。けれど、今までのPS素材と比べて若干柔らかく、非常に質の良いプラスチックという印象です。ABSの時代はハメ合わせが固いことがありましたが、今回はそういう箇所は皆無。非常にすんなりと組み立てられました。もちろんそれでいてどこかが緩くなってしまうということもありません。そのパーツ同士の精度の高さに感心させられます。発動モードの変形ギミックで各部の装甲がスライドしたりするのですが、その可動も非常にスムーズなのです。

 それでは各部を紹介していきます。まずは通常モードから、そして2回目では発動モードを中心に紹介する予定です。

写真!
■独特のディテールを持つνガンダムの顔ですが、非常にシャープで格好良く仕上がっています。目の縁は目の形にくりぬかれたシールが用意されているので塗り分けの手間もありません。左右のダクトなどは別パーツでフレームまで覗けますし、バルカン砲もフレーム側から伸びています

写真!
■νガンダムというと、「TIGER&BUNNY」の監督さとうけいいち氏などが手がけた、予告編での大量の薬莢をばらまくバルカン砲の発射シーンが印象的です(ちなみにこのカットは本編未使用)。キットでも、排莢口がしっかりと再現されています

写真!
■胸部のブレードアンテナが非常に格好いいですね。意外にもこれをガンプラで再現したのはこれが初めてでは? デザイン的なメリハリもそうですが、内側のフレームから伸びているという構造もそそられます

写真!
■腰の装甲版などには薄いグレーのパーツがあり、RGなどからのデザイン的なフィードバックを感じさせます。黄色いアポジモーターの完璧な色分けなどもよく分かるかと思います

写真!
■腰の装甲や腕などを見るとよく分かるのですが、随所に下側のフレーム材が顔を覗かせているデザインになっています。赤いパーツもそうですが、プラの厚みの絶妙な調整やパーツ精度がなせるシャープさが目を惹きます

写真!
■νガンダムの顔もそうですが足のラインも格好良さを大きく左右するポイントです。キットでは不用意に広がりすぎない絶妙なラインを見事に描いています。また、装甲の厚みが骨太な印象を与え、がっしりとした力強さを感じさせてくれます

写真!
■足首の関節は球形に。ギミックとしてはボールジョイントではないのですが、MSではこれまで見なかったデザインで面白いですね。脚部の装甲の厚みはコチラの写真がわかりやすいかも

写真!
■今回は水転写デカールのみ付属。これまで別売りされていたものの、常に品薄だったので、商品を買えば必ず手に入るのはうれしいですね。水転写デカールを張った経験のない人もこの機会にぜひチャレンジしてみてください。まずは小さいところから試してみると良いでしょう。少しくらい貼るのに失敗しても気にしないことです。部隊マークやパーソナルマークだけ貼ってみても良いですね

写真!
■キットは別売りのLEDユニットを組み込むことができます。カメラアイやコックピットを光らせることができるので、キットと一緒に購入することをお勧めします

MG 1/100 νガンダム Ver.Ka
バンダイ/発売中/7,350円(税込)

でじたみん Yahoo!店 でじたみん 楽天市場店

©創通・サンライズ

LINK

関連記事

コメントを投稿