世界中で大人気! デッキを作っていくゲーム「ドミニオン」

12.28.2012 · Category レビュー

 まだまだ寒さが続くこの季節。外に出て遊ぶより、こたつに入ってのんびりしたくなるところです。そこで例えば、仲間で集まってワイワイとアナログゲームを遊んでみるのはどうでしょう? デジタルゲームとはまた違う、単純だけど奥の深い楽しさが味わえるはずですよ。

 というわけで、今回紹介するのはカードゲーム「ドミニオン」です。このゲーム、アメリカのRio Grande Gamesから2008年に発売されるや世界中で大ブームに。それを受けて、2009年にホビージャパンが「HobbyJAPAN 40周年記念商品」として日本語版を発売したという大人気ゲームなのです。

写真!

 舞台となっているのは、中世のヨーロッパ。プレイヤーは小王国の領主となり、領土を拡張して一番大きな国になることを目指します。

 一見とっつきにくく見えるかもしれないけれど、1回のプレイ時間は初めてでも1時間はかかりません。1度遊べば30分くらいで気軽に遊べちゃうほど、ルールも意外と単純です。


 特に、「遊○王」や「ポケ○ンカードゲーム」などのトレーディングカードゲームを遊んだことがある人なら、すんなり遊べちゃうハズ!

写真!

 さて、この「ドミニオン」はどんなゲームかと言うと、さきほど少し触れたようにトレーディングカードゲームとも似ています。自分でカードを買ってデッキ(山札)を作ることはできませんが、山札から引いてきた限られた手札を駆使してゲームを進める部分は同じです。

 さらに、トレーディングカードゲームは2人対戦だけど、「ドミニオン」は4人までで遊べちゃいます。つまり、みんなでワイワイと遊べるわけです!

 基本的なゲームの流れは、自分のデッキから手札を引いてカードを買って、どんどんデッキを作っていくことになります。カードの種類は大きく分けると3つ。

写真!

 カードを買うお金になる「財宝カード」。お金は大事です。

写真!

 勝利点となる「領土カード」。最後に勝利点が多い人が勝ち!

写真!

 いろいろな効果がある「王国カード」。この「王国カード」の効果を上手く使っていくのが、また面白いところなのです。

 自分の番で出せる「王国カード」は普通は1枚なのですが、カードの効果で、この出せる枚数(アクション数)を増やせたり、手札を増やせたりできるんですよ!

写真!

 たとえば、手札にこの2枚のカードがあれば、最初に「村」カードを出してアクション回数を増やして、それから「鍛冶屋」カードを場に出して3枚引いて、さらに引いたカードをプレイ! ……な~んてこともできちゃいます。

 こういった効果を組み合わせると、「ずっと俺のターン!」と言わんばかりにカードを出しまくり、大量のお金を揃えて「領土カード」を一気に買い占めちゃうこともできるわけで……。そんなプレイができた時は、もう興奮しっぱなしですよ!

 そのほかにも、お金を増やすカードや他人の邪魔もしちゃうカードなど、種類はいろいろ。この中から自分なりの組み合わせや作戦を考えつつ、カードを買っていくのが面白いんです。

 自分の欲しいカードが他の人に買われちゃったり、デッキ作りに夢中に成り過ぎて、勝利点となる「領土カード」が無くなってしまって負けちゃったり、という駆け引きもまた楽しくて、ついつい「もう1回やろう!」…ってハマっちゃいました。

写真!

 ちなみに「王国カード」は全部で25種類。1回のプレイでは、そのなかから10種類だけを使います。つまり、遊ぶたびに「王国カード」の組み合わせが変わるので、毎回違う展開が楽しめて、飽きが来ないわけです。

 さらにもっと遊びたい人には、拡張セットが日本語版で7種類も発売中! 今もアメリカでは追加のセットが出続けるなど、世界的に多くの人がこの「ドミニオン」にハマっちゃってることが伺えます。その人気の広がりっぷりは、2011年から世界大会も開催されているほど。ちなみに2年連続で日本代表が優勝しています。

 軽く遊んでも面白いですし、ハマりこんでやり込んでも楽しめる傑作ゲーム「ドミニオン」。通販サイト「でじたみん」でも、もちろん扱ってます。基本セットでハマったら、拡張セットもいっぱい扱ってるのでオススメです。

 あと、ファンタジー風の絵より、美少女キャラクター絵がイイ! って人には、ルールが同じで絵だけキャラクターを使っている、ホビージャパンの「ドミニオンキャラクターズ」シリーズもあるのです。

 現在、vol.1「ニトロプラス カードマスターズ」とvol.2「真剣で私に恋しなさい! D」の2作が発売中。こちらも通販サイト「でじたみん」で扱ってますのでオススメですよー。

ドミニオン 日本語版
ホビージャパン/4,725円(税込)/好評発売中/ゲームデザイン:ドナルド X.ヴァッカリーノ

でじたみん Yahoo!店 でじたみん 楽天市場店

関連記事

コメントを投稿