ガンヘッド熱再燃間違いなし! コトブキヤのガンヘッドをチェック!!

10.31.2012 · Category レビュー

 

 まさかのキット化となるガンヘッドが、今月末発売となった! 懐かしさで熱い視線を送っていたファンも多いことだろう。試作サンプルをコトブキヤから送ってもらったので、さっそく組み立ててみた。完成状態では分からない細部のディテールを確認してもらいたい。

 キットはタンクモードで30cm弱となかなかの大きさになるのだが、パーツ数は多くはないので組み立てやすい。パーツ同士のジョイント部分は太くしっかりしたものなので、接着剤無しで各部位ががっちりと組み上がる。主要な関節にはポリキャップが採用されているので、スムーズに動かせるのもありがたい。

 スケールモデル的な外観だが、パーツ構成はキャラクターモデル的で、極端に細いパーツなどもない。脚部左右の燃料タンクを固定するパーツも1パーツでフックに架かっているように見えるという割り切った構成だ。

 組み立てに際しては、肩肘張らず取り組むのが良さそうだ。ディテールはしっかりしているので、迷彩塗装を再現しようなどと頑張らずとも、部分塗装とスミ入れでもそれらしく上がりそう。

 あるいは、いっそオリジナル設定と割り切って、ミリタリーテイストとともに「俺ガンヘッド」的な楽しみ方も面白そうだ。

 当時を知るなら、当時を懐かしみつつ、ウイスキーを傾けつつ(2012年の今なら、ビンテージとは言わないまでも劇中同様の2001年もののウイスキーが飲める!)組み立ててみたりするというのも良いのでは?

ガンヘッド
コトブキヤ/好評発売中/10,290円(税込)/1/35スケール
購入はこちら → でじたみん:Yahoo!店楽天市場店





「死ぬときは、スタンディングモードで」。ラストの浪花節的ストーリー展開に繋がるこの名台詞は映画を見たら忘れられない。その印象的なスタンディングモードへの変形を、ほぼ差し替え無しで実現。脚は前後ともハの字に開くことが可能なので、力強いポーズも可能だ。







 厳つい上半身の武装や、細部の目立つところはモールドもシャープ。チェーンガンの砲身やミサイルポッドの弾頭は1つ1つ別パーツになっている。一方で本体の奥まった箇所のパイピングなどはあっさり風味になっているので、スミ入れなどの塗装でカバーしたいところ。ハンドパーツは全指可動で表情もつけやすい。




 スピード感のあるくさび形のシルエットがなんとも格好いいタンクモード。カイロンタワー内を疾走する姿が思い起こされる。なお、キットでは機体ナンバーなどのマーキングデカールも付属するとのこと。

 キットにはファン的には心憎いおまけの数々が付属。ブルックリンのフィギュアが2種類用意されていて、クライマックスシーンのチェーンガンを構えた姿が再現できる。ウイスキーの樽は、ガンヘッド装着状態も再現できる仕様に。

©東宝・サンライズ
※写真は試作品のため、実際の製品と異なる場合があります。

でじたみん Yahoo!店 でじたみん 楽天市場店

LINK

コメントを投稿