異形のMS・HGUCハンブラビのTS紹介!(MA形態)

07.26.2012 · Category レビュー

HGUC 1/144 RX-139 ハンブラビ
2012年8月31日発売予定/1,785円(税込)/バンダイ

 バンダイのガンプラ、HGUCシリーズの1/144スケール「RX-139 ハンブラビ」が8月末に登場する、価格は1,785円(税込)。

 前回に引き続いて、今回はMA形態を紹介していこう!

 デザイナー永野護氏が創りだしたハンブラビは、近年の可変モビルスーツにはよく見られる、肘を曲げる、足を90度回転させるといった、変形用の別関節を持たず、高速形態へ変形する考え方が当時新鮮で、ほかに類を見ない独自の可変方法を実現した初めてのMSだろう。 キットでも当然TMSを再現することができ、上下幅を押さえた、すっきりとした高速形態への変形を実現している。

 それでは写真を見ながら各部の特徴を紹介していこう。

 変形して集中したユニットの密度感が心地よい。特にロック機構などは儲けられていないが、ビシッとMA形態が決まる。

 つま先と脚部フレア部分のボリュームが絶妙なバランスで構成され、MA形態を形成する。しっかり伸びたつま先がポイント!

 股関節下部に専用のパーツを差し込んで、アクションベースへの接続を可能とする。

 腕は写真のように中央に水平に折りたたんで収納することが出来る。

 脚部を背中側に曲げる!といった大胆な変形。キットはその変形機構を再現しつつ、立体として破綻のない塊感あるプロポーションを実現している。

 つま先をMA形態ポジションにすると、すねに内蔵された推進用のバーニアが飛び出している。

©創通・サンライズ
※写真はテストショットの為、実際の製品とは異なる場合があります。

LINK



コメントを投稿