宇宙戦艦ヤマト2199 1/1000統一スケールで発進!

07.25.2012 · Category レビュー

1/1000 宇宙戦艦ヤマト2199
2012年7月28日発売予定/3,990円(税込)/バンダイ

 今注目の新作アニメショーン「宇宙戦艦ヤマト2199」、そのクオリティと改めてかみ砕いて解釈された作品は新旧ファンを熱くしてくれている。

 さて7月28日、我々が待っていた「宇宙戦艦ヤマト2199」がバンダイよりプラモデルとして登場する。このキットはスケールが1/1000(333ミリ)というコレクションに適したサイズで用意されるとともに、後に続くラインアップもコレを踏襲する。つまりシリーズで艦船が統一スケールで用意され、ディスプレイできるということだ! これは嬉しい!

 それでは、いよいよ迫った発売を前に、チェックしたいポイントを塗装済みのサンプルを見ながら紹介して行こう!

 最新のヤマトのフォルムを完全再現。ヤマト模型の一つの回答をここに見ることができるだろう。別売のアクションベースを用いれば様々なアングルでディスプレイすることを楽しめる。また、それを舷側に接続可能な所もポイント。飾った場合に全体像を淀みなく見渡せるのはちょっと新鮮だ!

 艦載機の発艦口は開閉でき、いままさに発進するといったシーンも再現可能。

 艦長室、第一、第二艦橋の窓はクリアパーツで再現。詳細に作り込まれた艦橋の表現は納得の出来映えだ!

 格納庫はターレット状になっており、効率的な艦載機の格納方法を提示してくれている。さらに分離可能なので、完成後もユニットごと取り外して船体と並べてディスプレイすることもできる。もちろん極小サイズの同一スケールの「コスモゼロ」「コスモファルコン」も付属。細かいパーツも微細加工された金型でしっかりとした形状を実現してくれているところも嬉しい!

 キットには、メカコレシリーズ「三段空母」(青)が特典として付属してくる。青色の三段空母は同シリーズで発売されていなかったアイテムだ。また、オマケとして内箱に三段空母のパッーケージの展開図が用意されているので、切り取って化粧箱を作ることもできる仕様となっている。

 第三艦橋を上にした、潜水艦行動でディスプレイすることももちろん再現可能。

「宇宙戦艦ヤマト2199」のBlu-ray&DVD第2巻は7月27日に発売される、映像を見ながらプラモデルを作るという贅沢な週末をどうぞ! また、第三章のイベント上映は10月13日からなのでこちらも楽しみにしたい!

 

©2012 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会
©東北新社
※掲載しました写真はプラモデルの塗装済みサンプルの為、実際の製品と異なります。

LINK



関連記事

1件のコメント 宇宙戦艦ヤマト2199 1/1000統一スケールで発進!

  1. うーたん より:

    最高です〜!家の近くのヤマダ電機に売ってたので是非買おうと思っています!

コメントを投稿