サンライズ 矢立文庫の新連載「森のおんがくだん」「さよならピーターパン」

03.08.2017 · Category ニュース

 サンライズの運営するウェブサイト「矢立文庫」では、3月6日よりクソロックな新連載『森のおんがくだん』が連載スタートした。森の核弾頭と川辺の猛獣そしてガチやべぇ奴の三匹による、業界を震撼させた問題作がついに漫画化だ。

 また、4月6日からはサンライズが贈るSFミステリー『さよならピーターパン』もスタートするという。矢立文庫は今後もどんどんラインナップが充実していくとのことなので、期待しよう!

 

森のおんがくだん

写真!

 とあるどこかの森の奥。アライグマがいつものように川で無我夢中で何かを洗っているとそこにやさぐれたネズミとノリノリのリスが現れた。ネズミは言う「このまま腐っていいのか!?」とそしてアライグマに「バンドをやろう」と持ちかけてくる。彼らはこの時はまだ知らなかった…自分達が後世に語り継がれる伝説の渦中にいることを…

写真!

■ネズミ
ボーカルっぽいけどギター。田舎のヤンキー的ノリで生きている。たまにもの凄く男気溢れる事を言うが行動には結び付かない。やんちゃな次男坊的存在。

■アライグマ
ベースっぽいけどギター。言っていることがたまに本気かジョークか分からないことがある。「森のクリーニング屋さん」の異名を持つ、良きお兄さん的存在。

■リス
ギターっぽいからギター。ガチでやばい奴。生まれながらのアナーキストで、何を言っているのか森の仲間達でも分からない。躁と鬱が激しい。

スタッフ
作者:影爾(かげじ)

群馬出身の漫画家、イラストレーター。
現在、ヴィジュアル系バンド「GRIMOIRE」の専属デザイナー。

可愛いものから奇妙なものまで描くため、作画の幅が激しい。
本人自身、カオスなものが好き。
極度の牛乳好き(低脂肪、乳飲料は除外)で、猫に囲まれて生きている。

代表作は「チビトラ」
(主婦と生活社「ね~ね~」にて2012年3月~2017年1月まで連載)

【♯1 バンドしたいぜ】のURLはこちら

 

さよならピーターパン

写真!

写真!

著者:高橋びすい
イラスト:黒銀

4月6日よりスタートのサンライズが贈るSFミステリー。完全管理された都市を舞台にシティ・ガード捜査官、颯クルミと権??リョウガの2人が事件を追う。連続して起きる事件は、クルミが持たなかった概念を否応なく突きつけることになる。

同じ世界を舞台とするまったく別の物語が、4月6日発売のヤングマガジンサードで連載開始。4月6日は2つの『さよならピーターパン』をチェック!

©サンライズ

LINK





コメントを投稿