お台場の実物大ガンダム立像が2017年3月で公開終了! 新プロジェクトも?

12.01.2016 · Category ニュース

写真!

 「TOKYO ガンダムプロジェクト 2016」実行委員会は、バンダイナムコホールディングス、バンダイ、サンライズ、創通の4社が実物大ガンダム立像の展示を2017年3月5日までとすることを決定したことを受け、2012年より5年間継続してきたTOKYO ガンダムプロジェクトを一旦終了すると発表した。

 実物大ガンダム立像は、まず2009年夏に臨海副都心エリア・潮風公園に52日間で約415万人を動員し、大きな反響を呼んだGREEN TOKYOガンダムプロジェクトにおいて、全高18mのガンダム立像「RG1/1RX-78-2ガンダムVer.G30th」が登場。その後、『模型の世界首都 静岡ホビーフェア』に「RG 1/1 RX-78-2ガンダム」として、ガンダムの代表的装備であるビーム・サーベルを右手に持った新たな姿で登場した。さらに、2012年春「RG 1/1 RX-78-2ガンダム Ver.GFT」が再び臨海副都心エリアの大地を踏みしめ、今に至っている。

写真!

 実物大ガンダム立像の展示終了に合わせ、同施設内7Fで営業している「ガンダムフロント東京」も、2017年4月5日までの営業となる。この機会にぜひ臨海副都心エリアへ行こう。

 なお、ガンダムフロント東京では「ガンダム立像・ガンダムフロント東京~LAST SHOOTINGキャンペーン~」の展開を予定しているという。また、新プロジェクトが現在準備中とのことで、こちらの発表にも期待したい。

 


©創通・サンライズ





コメントを投稿