サンライズの新ウェブサイト「矢立文庫」本日より本オープン!

09.30.2016 · Category ニュース

写真!

 アニメーション制作会社のサンライズが運営するウェブサイト「矢立文庫」が本日9月30日に本オープンした(アクセスはこちら!)。「矢立文庫」とは、サンライズの社内に眠るバラエティ豊かな企画を公開していくウェブサイトだ。

 大川ぶくぶ氏の「IPポリス つづきちゃん」、クゲアキラ氏による「はるかの星」、M・Tプロジェクトの「ミレニアムソーン」、高島雄哉氏の「エンタングル:ガール 舞浜南高校映画研究部」、竹田裕一郎氏の「覇界王~ガオガイガー対ベターマン~」の連載もスタート。

 もちろん、プレオープンより好評連載中の高橋良輔氏による「装甲騎兵ボトムズ 絢爛たる葬列」の第4回も登場。

 作品ごとに更新頻度は異なり、「IPポリス」、「はるかの星」、「エンタングル:ガール」、「覇界王」は毎週更新を、「ミレニアムソーン」は月1更新を予定しているという。

写真!

 そのほか、10月からはサンライズ×Ark Performanceによる、ガンダム新作サイドストーリー『機動戦士ガンダム TWILIGHT AXIS』の連載も決定!

 ストーリー構成は、数多のガンダム漫画で独自の考察力に定評があり、ガンダムファンから高い支持を得ているArk Performanceさん。近年では「蒼き鋼のアルペジオ」の原作者として、漫画・アニメをヒットさせている。本作ではデザイン面でも参加し、新たな歴史を刻む。

 著者は「アルスラーン戦記」など数多くのTVアニメ作品の脚本を担当する中村浩二郎さん。Ark Performanceとはアニメ「蒼き鋼のアルペジオ ‐アルス・ノヴァ‐」のTV&劇場版の脚本を担当し、絶大な信頼を得て本作の執筆に参加する。

 新旧のガンダムファン・アニメファンに向けた、新しいガンダム小説の誕生だ。

写真!
ザクⅢ改
ハマーン戦争(第1次ネオ・ジオン戦争)時にアクシズで開発された、MS-06ザクの系譜に連なるMS。重装甲かつ内蔵兵器も搭載しており、高機動型オプションを装着した指揮官用機。これまで見た事の無い「赤」を基調とした機体で登場する。

写真!
アルレット・アルマージュ(左)
一年戦争時、ジオン公国軍の兵器開発に携わっていた才女。ア・バオア・クー戦後はアクシズへ逃亡。以後はアクシズにて多岐に渡る技術開発に参画する。第2次ネオ・ジオン戦争終結後はダントンと共にサイド6で暮らしていたが、連邦軍特殊部隊の招聘を受け、アクシズへと帰還する。

ダントン・ハイレッグ(右)
一年戦争時、ジオン公国軍のテストパイロットだった青年。戦場にてデータ取得の任務に就いていた。戦後、アルレットと共にアクシズを経て地球圏に帰還。アクシズ・ショック後はアルレットと共に隠遁生活を送っていたが、再びアクシズにて己の過去と向き合う事となる。

クレジット
・原作:矢立肇・富野由悠季(「機動戦士ガンダム」より)
・企画:サンライズ
・ストーリー構成・デザイン協力:Ark Performance(漫画「蒼き鋼のアルペジオ」「機動戦士ガンダムMSV-R ジョニー・ライデンの帰還」著者)
・著者:中村浩二郎(アニメ「蒼き鋼のアルペジオ ‐アルス・ノヴァ‐」「アルスラーン戦記」脚本)

あらすじ
宇宙世紀0096年ラプラスの箱=宇宙世紀憲章をめぐる事件後から数か月が過ぎたころ、地球連邦軍は地球圏外に漂う、分断されたアクシズに調査団を派遣させる。調査団のメンバーには、アルレット・アルマージュとダントン・ハイレッグという二人の民間人も参加していた。彼らはかつて技術者とテストパイロットして、ジオン公国軍、そしてネオ・ジオンに仕官していたという過去があったのだ。
アクシズに潜入した調査団は、誰もいないはずの基地内で強襲を受ける。そしてアルレットとダントンは、想像もしていなかった出来事に遭遇するのだった…。

 



9月30日掲載作品一覧

写真!
■「IPポリス つづきちゃん」 漫画:大川ぶくぶ

写真!
■「はるかの星」 著者:クゲアキラ イラスト:奥野裕輔

写真!
■「ミレニアムソーン」 著者:M・Tプロジェクト

写真!
■「エンタングル:ガール 舞浜南高校映画研究部」 著者:高島雄哉

写真!
■「覇界王~ガオガイガー対ベターマン~」 著者:竹田裕一郎

©サンライズ
©サンライズ・プロジェクトゼーガ

LINK





コメントを投稿