メガハウスのヴァリアブルアクションからスーパーアスラーダ AKF-11登場

08.06.2015 · Category ニュース

 メガハウスのヴァリアブルアクション「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」シリーズに、OVA作品「新世紀GPXサイバーフォーミュラ11」から主人公・早見ハヤトの乗るスーパーアスラーダ AKF-11が2015年12月に登場。価格は9,000円(税抜)。

 モデルはパーツを差し替えてサーキットモードからエアロモードの2タイプのモードを再現可能なほか、ギミックにはブーストポッドとエフェクトファンの展開可動を搭載した。

 ヴァリアブルアクションシリーズならではの美麗な塗装表現で高級感のある仕上がり。また、シャーシにはダイキャストを使用することで重量感も演出し、カーモデルとしての魅力を最大限に引き出している。

ヴァリアブルアクション 新世紀GPXサイバーフォーミュラ11 スーパーアスラーダ AKF-11
メガハウス/2015年12月発売予定/9,000円(税抜)/1/24スケール(全長約約180ミリ)/購入はこちら:Amazon.co.jp/でじたみん(楽天市場店Yahoo!店

■差し替えとなるが2つのモードをフォローしているのがうれしい。こちらはテクニカルサーキットモード

■こちらはエアロモード

■ブーストポッドオン! このギミックがあるだけで胸があつい!

■本体とあわせてディスプレイすることができる風見ハヤトが付属する(無塗装)

■エフェクトファンの展開も再現した

©SUNRISE
※掲載した写真は開発中のため、実際の製品と異なる場合があります。

LINK





コメントを投稿