アニメ化企画進行中「シュヴァルツェスマーケン」より主人公機が登場

05.30.2015 · Category ニュース

 コトブキヤは、人気ゲーム「マブラヴ オルタネイティヴ」のスピンオフ小説「シュヴァルツェスマーケン」より、主人公のテオドール・エーベルバッハが搭乗する戦術機「MiG-21 バラライカ」をプラモデル化、2015年9月に発売予定、価格は5,800円(税抜)。

 このキット「MiG-21 バラライカ テオドール・エーベルバッハ機」は多彩な可動ギミックにより、様々な戦闘シーンを再現することができる。頭部は一部塗装済みで再現し、よりイメージに近い仕上がりとなっている。

 また別売りの「メカニカルベース フライング3」に対応しているので、さらに躍動感溢れるポージングでのディスプレイも楽しむことが可能だ。

MiG-21 バラライカ テオドール・エーベルバッハ機
コトブキヤ/2015年9月発売予定/5,800円(税抜)/NONスケール(全高約180ミリ)/原型製作:芦沢 勝/ 購入はこちら:Amazon.co.jp/でじたみん(楽天市場店Yahoo!店

■背部にある兵装担架は可動し、背面撃ちを再現することが可能

■足首は、すね内側のスライドレール伸長により、足首の可動範囲を拡大することが可能

■下腕を内部のレールでスライド伸長することにより、ひじ関節の可動範囲を拡大。また、肘を逆に曲げる事で突撃砲を背面に向けることができる

■肩アーマーは2軸関節とボールジョイント仕様でフレキシブルに可動

■DS-3多目的追加装甲のグリップ部分が上下にスライドすることが可能

■WS-16C突撃砲×2門、CIWS-1A×1本、DS-3多目的追加装甲×1個が付属

©2011 ixtl All rights reserved.
※掲載した写真は開発中のため、実際の製品と異なる場合があります。

LINK




コメントを投稿