【編集後記】マスターファイルブログの週末【12】連装砲くんできたよー

04.27.2015 · Category ニュース

 現在の編集部はいろいろと次の書籍のための“仕込み”をしているところです。近いうちに発表できるものもあるかと思いますのでお楽しみに。

 さて、週末は例のコトブキヤ「連装砲ちゃん」のお手軽改造版・連装砲くんを完成させました。

 コトブキヤのキットは誰でも組み立てられる簡単なパーツ構成なのでオススメです。連装砲くんへの改造は顔面のみ。プラ板の貼り合わせです。詳しくは前回の記事を参照して下さい。

 あとはなるべく合わせ目を消して塗装します。塗装ですが、キット取説にある塗装レシピでは調色が大変なのでそれっぽい色を混ぜずに使ってます。本体色は明灰白色1、暗い部分はニュートラルグレー。コントラストがちょっとキツくなってしまったのは反省点ですが、完成したのものはご覧の通りです。

 連装砲ちゃんの元ネタである旧日本海軍の装備は「50口径三年式12.7cm連装砲塔D型」で、連装砲くんは「同C型」です。外形には違いがありませんが、連装砲くんは砲塔の仰角が55度までしか上がらない、ということを念頭に置いてそれ以上上げないようにするといいかもしれません(細けえな)。

 スクリューは普通にMrカラーの金を吹いていますが、400~800番くらいまでヤスリで表面を磨いたあと、いったん白を吹いてから金、という順番で塗装するとキレイにできるようです。

 連装砲くんが浮き輪を付けた場合、その浮き輪には島風の「ぜかまし」と同じように「ぜかつまあ」と書いてあるのか、それとも「ゼカツマア」なのか? 悩んだ末、デカールを自作するところまで時間的にたどり着けませんでした。

■砲塔の砲口はピンバイスで穴を深くしました。数mm程度の深さですけど

■顔面の両サイドに並ぶリベット状のディテールは、0.4mmのピンバイスで穴開け

■塗装のための準備。目の部分は白を噴いた後にマスキング。●状のマスキングは、サークルカッターで切り出しています

■結局、歯の部分の色を間違えていたのでこの後、塗り直すことになりました

■頭の下、首の部分は色が濃い部分ですので、同様にマスキングして塗り分けます。

■手に持った状態はこんなカンジ

 プラ板工作の基礎中の基礎というお手軽改造ですが、自分だけの連装砲くんの完成です。「艦これ」はいよいよ明後日からイベントに突入ですね。うちの天津風はやっとLv80といったところですが、序盤の海域でぜひ連装砲くんともども活躍させてあげようと思ってます。提督のみなさんの健闘を祈ります!

 この記事は編集後記となります(前回の記事はこちら)。

 

LINK

2 件のコメント 【編集後記】マスターファイルブログの週末【12】連装砲くんできたよー

  1. hm says:

    コメントありがとうございます!

    連装砲ちゃんは自分もデカール入ってなかったのに笑いました。
    価格を抑えるためだと思いますが、コトブキヤさんの割り切りがスゴイです。
    パーツの勘合・クリアランスはさすがコトブキヤさんで、ホントにぴったしギリギリで
    すよね。自分も少し削るなどして調整すればよかったと反省しました。
    (動かしたら塗膜はげちゃう)

    文字を再現する方法としては、
    1.エナメル塗料で納得いくまで書き直す
    2.デカールに印刷して貼る
    3.デカールに筆で書いてから貼る
    などあるかと思いますので、今度試してみようと思います
    (色塗り間違えてる箇所もあるし…)

  2. @cinziro says:

    お邪魔しますペコリ(o_ _)o)) 自分も「連装砲ちゃん」作ったクチです。
    安価 小サイズってことで 気軽に購入したのですが…
    浮き輪の「しまかぜ」(※ぜまかし)って デカールだと思っていたら まさかのなし!
    自分は字に自信がないし ましてや 筆で曲面に文字…(-_-;ウーン
    あと 動体(円筒)と浮き輪の勘合がきつい!動体は 目消しまで行いましたし 浮き輪にはサフを吹きましたが にしても そこまでの被膜とも思えず…???
    塗装前に もう少し具合を確認すれば良かったかな?と思っています。
    (自分も 梅本のパンチコンパス使ってます^^)

コメントを投稿