ボークスのIMS L.E.D.ミラージュついに発売!先行予約者への引き渡しが今日から開始

04.12.2014 · Category ニュース

写真!

 ボークスのIMS(インジェクション・アセンブリー・モーターヘッド・シリーズ)第6弾「1/100 L.E.D.ミラージュ V3」がついに発売された! 今日から引き渡しが行われたのは先行予約分で、編集部で個人的に予約していたものをさっそく秋葉原ホビー天国で受け取りに行ってきたぞ。

写真!

 白い包み紙に覆われた一抱えもある巨大なパッケージ。これを手に入れた瞬間の満足感たるや、帰り道でも思わずスキップしたくなるほどだ。感動、というよりも興奮といった方がいいだろうか。

 こういった文字通り金額的にもサイズ的にも大きな買い物は、自分の手で持って帰る、というのも醍醐味のひとつであると断言しておこう。念願のアイテムを手に入れたぞ、という満足感がハンパない。ちなみに今日だけでも店員さんが把握できないくらいの数の人たちが自らのL.E.D.を引き取りに訪れていたのだ。

写真!

 とりあえず開けてみる。「何枚あるんだ!」というほどの膨大な量のランナーがぎっしり詰まっている。

写真!

 ひと通りパーツを眺めるだけでもかなりの時間を要する。これはプラモデルとしても最大クラスの規模。そして当然のごとく、これまで世に出た「L.E.D.ミラージュ」造形物の中でも間違いなく最高峰といってもいいアイテムだ。

 もちろんこれまでにも優れたキットは存在した。しかし、外観、設計、構成、仕上がりといったすべての面でそれらを超えるものである上に、ガレージキットではなくプラモデルという現実的な「組み立てやすさ」を伴ったキットであることが、大きな意味を持つ。ガレージキットは無理でも、「プラモデルなら組み立てられるかも……」と感じたファンは多いだろうし、実際その通りであるはずなのだ。

 手もとに降りてきたL.E.D.。ファンがどれだけ待ち望んだものであるか。アナウンスがあってからも2年以上待ったが、個人的には20年以上望んでいた理想のキットだけに、そもそも「早く発売して!」という感覚はなかった。ボークスが自分たちの納得のいく製品ができるまで発売をしない、という姿勢を貫くメーカーであることを知っているから、思う存分作り込んで、良い物を出して欲しい、そのためにはいくらでも待つぞ、と思っていた。今、これを手にして感じるのは、「ありがとう、よくやってくれました」という感謝と賛辞の念だけだ。

写真!

 一番分かりやすい大きさのベイル(盾)のパーツは、大人の手のひらくらいある。パーツの成形はもちろん、シャープな箇所はとことんシャープで、ヘルメットの先端の尖った部分などは尖りすぎていてビックリするくらい。

写真!

 写真ではちと分かりにくいが、乳白色の半透明装甲が成型色で再現されている。これはプラの厚みの差によって透明度が左右されるだけに設計の難しいところであると察せられる(ベイル下端にはF.E.M.C.の刻印が刻まれている)。どれほどの苦労が詰まっているのか。手に入れたファンの人たちはランナーを眺めながら、そして組み立て説明書の解説を読みながら、ぜひそういった開発者たちの努力にも思いを馳せていただきたい。

 このL.E.D.ミラージュ V3は、6月28日より一般販売が開始される。こちらの予約は5月3日開催のホビーラウンド・ショールームから一般販売分の予約が開始。このボリュームで2万円前半という破格といってもいい価格だ。この機会に歴史に残るキットをぜひ手に入れてほしい。

IMS 1/100 L.E.D.ミラージュ V3
2014年6月28日一般発売予定 / 22,000円(+税) / 詳細はこちら

©EDIT

LINK

コメントを投稿