11月30日劇場公開「攻殻機動隊ARISE border:2」上映会舞台挨拶レポ

11.18.2013 · Category ニュース

写真!

 都内の六本木TOHOシネマズ六本木ヒルズにて、本日「攻殻機動隊ARISE border:2 Ghost Whispers」の先行完成上映会・舞台挨拶が行われた。

 舞台には総監督でありキャラクターデザインを手がける黄瀬和哉氏、脚本・シリーズ構成を担当する冲方丁氏をはじめ、本作「border:2」で監督デビューを飾るアニメーター竹内敦志氏ら制作陣に加え、バトー役の声優・松田健一郎氏、サイトー役の中國卓郎氏、そしてプロダクションIG代表の石川社長が登壇した。

『攻殻機動隊ARISE』は4部作の制作が発表されており、本作「Ghost Whispers」はその2作目となる。物語は自立型支援車両ロジコマのハッキング事件を切っ掛けに、9課のメンバーたちがどのようにして草薙素子の下に集ったのかを描いている。

写真!
■総監督/キャラクターデザインの黄瀬和哉


 石川社長は壇上で「IG史上ベストな出来」と本作を絶賛。竹内監督の「少し背伸びした内容だが、集まったクリエーターたちのお陰で実現できた」の言葉通り、クオリティーの高いアクションと重厚な人間模様が描かれたクライムサスペンス作品として完成している。

 また、本作にイシカワ役で登場し10月10日に亡くなった檀臣幸氏について質問された総監督黄瀬氏は「残念です。収録に立ち会えなかったのが悔やまれます」と自身がイシカワ役に抜擢した檀氏を偲んだ。

 最後に石川社長から「実はborder:3が驚くほど凄い作品になる!」と、早くも次回作についての手応えを披露し、総監督の黄瀬氏をはじめとしたスタッフの笑みに、集った会場のファンたちも期待のどよめきを上げていた。

 『攻殻機動隊ARISE border:2 Ghost Whispers』は11月30日から全国劇場で2週間限定公開される。それに先立ち、BSとTOKYOMXにて『攻殻機動隊ARISE border:1』の公開が決定。劇場に向かう前にぜひ見ておこう。

攻殻機動隊ARISE border:2 Ghost Whispers

■劇場上映
2013年11月30日より2週間限定公開
TOHOシネマズ 六本木ヒルズ、新宿バルト9ほか

■劇場前売り鑑賞券
「ARISE」特製オリジナルキーホルダー付き。1,200円(税込)

■Blu-ray 劇場先行発売
劇場上映期間中、上映館にて「攻殻機動隊ARISE 2」 シナリオ&特製生フィルム付き劇場限定版Blu-ray(税込8,000円)を発売。

■Blu-ray&DVD
バンダイビジュアル/2013年12月25日発売/Blu-ray:7,140円(税込)・DVD:6,090円(税込 )/購入はこちら

©士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊ARISE」製作委員会

LINK


コメントを投稿