ハセガワの1/32紫電改が絶賛発売中!

10.24.2013 · Category ニュース

 

 活気を見せる1/32スケールの大戦機プラモデル。ハセガワからは、この10月24日頃から「1/32スケール 川西 N1K2-J 局地戦闘機 紫電改」が発売。完全新規金型で垂直尾翼の面積が広い前期型を再現したものとなっている。

 1/32スケールということで、コックピットやエンジンも精密に再現。面白いのが、胴体パーツを左右に挟み込んだ後から、コックピットを下側から組み込めるという、組み立てやすさを考慮した設計になっていること。さらに胴体内部には補強のためのサポートパーツを挟み込むようになっているので、強度にも配慮されているのだ。

 コックピットやエンジンの精巧な再現のおかげか、外観からも、えもいわれぬ存在感が伝わってくる。素組み状態などは東京ホビーショーの記事もチェックして欲しい。

 パイロットフィギュアが付属するほか、戦闘第301飛行隊 隊長 菅野 直大尉 乗機「343A-15」(松山基地:1945年4月)と、戦闘第407飛行隊 大原 広司飛曹長乗機「343B-03」(松山基地:1945年4月)の2種類のデカールも用意されている。

 1/32スケールと聞くと、大きくて作るのも大変そうに聞こえるが、そんな心配は全く無用。この週末は、是非、零戦の後継機とされる、本土制空権奪還用迎撃機の姿をキットで確認していただきたい。

■キャノピーとフラップは開閉選択式

■コックピットやエンジンを1/32スケールならではの精巧さで再現

■キットは垂直尾翼の面積が広い前期型を完全新金型で再現

■こちらの作例はキットをベースに展示用に製作されたもの。カウルを外し、胴体側壁のパネルを切り取るなどしている。駐機状態を製作する際の参考にもなるのでは?

■主翼の20mm機銃の銃口はスライド金型で開口されている

■パイロットフィギュアは竹一郎氏が原型製作を担当。2種類の頭部を選択できる

川西 N1K2-J 局地戦闘機 紫電改
ハセガワ/10月24日ごろ発売/5,250円(税込)/1/32スケール/購入はこちら:Amazon.co.jp /でじたみん( 楽天市場店Yahoo!店ホビーサーチ

LINK

コメントを投稿