GP01ゼフィランサスとGP計画を紐解くマスターアーカイブ発売中!

10.05.2013 · Category ニュース

写真!

 GA Graphicが贈るガンダムシリーズの専門書籍「マスターアーカイブ モビルスーツ」の新刊「マスターアーカイブ モビルスーツ RX-78GP01 ゼフィランサス」が発売中だ。

 RX-78GP01“ガンダム試作1号機”ゼフィランサスはOVA『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』の主役機。「RX-78」の系列としては第2弾となる。同作品はガンダム以降の作品が築いてきたリアルロボットの描写を受け継ぎ、これをさらに踏み込んで描いて見せ、ガンダム世界の可能性を広げた点で画期的だ。

写真!

 今回は封印されたガンダム開発計画(GP計画)を紐解き、GP01〈ゼフィランサス〉及びGP01-Fb〈フルバーニアン〉を中心として開発経緯や構造、システムなど詳細に解説。RX-78〈ガンダム〉から始まり、アナハイム・エレクトロニクス社へと引き継がれた“ガンダムの系譜”のミッシングリンクを埋める重要な位置づけにある本機の実像に迫る。

 GP01はどのような設計思想の下に造られたのか? 本機に採り入れられた構造やシステムは、後のMSにどのような影響を与えたのか? ガンダムの名に恥じない先進的設計を明らかにする。

写真!

 今回も豪華執筆陣によるテキストと、瀧川虚至・しらゆき両名によるメカニカルイラスト、そしてCGによるMSの特撮写真を豊富に掲載。地上戦仕様の〈ゼフィランサス〉、そして空間戦仕様の〈フルバーニアン〉が地球の野を、そして宇宙(そら)を駆ける!

 

写真!

 本機のほかにも、ガンダム開発計画で建造されたMSや運用母艦となった〈アルビオン〉にも言及。また、CGだけでなくGP02や〈デンドロビウム〉などには模型特撮も使用されている。映像作品では手描きによる濃密なメカニカル描写に魅せられたものだが、マスターアーカイブはこれを最新の画像技術で再構築。0083の世界を新しい形で表現しようと試みたのだ。

 GP01を取り巻く歴史、そして歴史の陰に埋もれたMSたち。本書はU.C.0090年代にガンダムの世界で刊行され、情報公開により初めて明らかになった真実に基づいて執筆された、という体を取る。キミもUC世界の住人になったつもりで、本書を楽しんでほしい。

 ネットでの購入はこちらなどから。

写真!

目 次
GP01の開発経緯 一年戦争後のアナハイム・エレクトロニクス社はどのようにしてMS開発事業に参入し、ガンダム開発計画を進めたのか? GP01をはじめ計画機の開発経緯を解説。
GP01地上運用試験 GP01の地上戦仕様〈ゼフィランサス〉は、地上に降りて早々デラーズ・フリートのGP02強奪に遭い、実戦参加した。試験運用中の模様をCGによる特撮写真で紹介。
GPシリーズ各機解説 ガンダム開発計画によって誕生した複数のガンダムタイプMSについて、それぞれの機体を解説。
ガンダム試作1号機の構造 GP01及びGP01Fbの機体構造を解説。GP01は作戦や目的ごとに機体装備を換装することで任務適合性を広げる。
GP01の武装 GP01が採用した武装について詳細を解説。
GP01フルバーニアン GP01の空間戦仕様〈フルバーニアン〉は、実戦の中でダメージを負った部分の換装を余儀なくされ、当初の想定とは若干異なる形で具現した。CG特撮写真による大グラビア。
コア・ファイターII 一年戦争でコア・ファイターを造ったハービック社は、AE社に吸収されてGP計画に参加。コア・ファイターIIに求められた仕様とは?
強襲揚陸艦〈アルビオン〉 GP01の運用母艦となった〈アルビオン〉は、特殊な仕様であるGP01を運用するに相応しい最新鋭の強襲揚陸艦である。艦の概要と辿った運命、構造などを解説。
マスターアーカイブ モビルスーツ RX-78GP01 ゼフィランサス
発売中(2013年9月下旬発売) / A4変形・カラー・128頁 / 2,520円(税込) / 購入はこちら


【お詫び】

本書に以下の誤りがございました。ここに訂正し、お詫び申し上げます。

P117
【誤】:それきり歴史
【正】:それきり歴史の表舞台には出てこなかった。





©創通・サンライズ

LINK


コメントを投稿