懐かしきSF特撮の世界 サンダーバード2号のマスターファイル登場!

10.04.2013 · Category ニュース

写真!

 GA Graphicが放つ“マスター”シリーズの最新刊は、懐かしのTV映画『サンダーバード』より、「マスターファイル 国際救助隊 サンダーバード2号」に決定!

『サンダーバード』はイギリスのSF特撮作品。子供番組として約50年前にオンエアされ、救助(レスキュー)を主題とし“敵と戦わない”ヒーローたちの活躍を描き人気となった。綿密なSF考証と職人芸ともいえる見事な特撮は、後発の日本特撮やアニメなどにも大きな影響を与えたことで知られる。

写真!

 今回のマスターファイルは、活躍する国際救助隊の機体群の中でも最も人気が高いサンダーバード2号(TB-2)をフィーチャーする。作品では様々な機器を運搬する救助活動の主役。機体中央のコンテナを換装するギミックに、当時の少年たちは言いしれぬ興奮を覚えていたものだ。

写真!

 21世紀後半にようやく人々の前に公然と姿を現した(というのが本書の設定だ)TB-2の解析を試みる。20年近くにわたって活躍し、いよいよ退役することになったTB-2は、国際救助隊の意向によって航空博物館へ寄贈されることになる。

 機体の構造や役割を知る中で、TB-2やほかのサンダーバード機体がいかに先進的であるかが明らかとなる。機体そのものが航空史に刻まれるべき人類の貴重な遺産であることを、国際救助隊を組織した人物も充分に理解しており、それゆえの寄贈となった──という経緯が、本書全体で示されるのだ。

写真!

 マスターファイルの常として、「その作品世界に生きる人たちが考察した」という体をとるが、本書でも国際救助隊や彼らの機体についてこの世界の人々がどのように感じているのか、といった「if(もし)」を描いていることに注目。したがって、本書には国際救助隊について様々な独自調査が行われているものの、「トレーシー」一族の名前は一切出てこない。この世界では、彼らの組織は謎のままというわけだ。

 こういった趣旨の本は『サンダーバード』では珍しく、イギリスの版元をはじめ作品関係者の懐の深さが分かろうというもの。

写真!

 国際救助隊の組織とは? TB-2は複数機存在していたのか? 組織にまつわる様々な謎を追いかけるその行為によって、人々が期待と賞賛を寄せる国際救助隊の輪郭が見えてくる。

 リアルなCG特撮写真や詳細な図版、解説文と合わせ、あなたも『サンダーバード』世界の住人になった気分で本書を楽しんでほしい。発売は10月21日予定(※発売日は地域によって変わる場合があります)。購入はこちら!

目次
ファーンボロー国際航空宇宙ショー 航空宇宙ショーの会場に姿を現したTB-2とTB-1の飛行展示の模様をCG特撮写真で紹介。巨大な機体が魅せる圧倒的な飛行性能。
サンダーバード2号のメカニズム 博物館へ寄贈された実機から判明したTB-2の構造とシステムを詳細に解説。驚くべき先進技術を垣間見ることができる。
サンダーバード災害救助展示 航空宇宙ショーでは、TB-2の災害救助のプロセスについても公開された。機体中央のポッドを観客の前で降ろす。
サンダーバード2号 ポッドの構造 レスキュー機材を運ぶ換装式のポッド(コンテナ)は、TB-2の設計の中でも特に注目すべき要素のひとつ。内部構造に至るまで徹底解析!
国際救助隊の航空機はどこで開発されたのか? 秘密のベールで包まれた国際救助隊は、誰にも知られずにどうやってTB-2を建造したのか? ある記者がその謎を追う。
サンダーバード目撃報告 世界各地で目撃される国際救助隊の救助活動。様々な人たちが現場で撮影した貴重な写真を集めてみた。
解析・国際救助隊 国際救助隊とはいかなる組織なのか? その理念とは?
TB-2は何機生産されたのか? 航空機を常時運用するには複数の機体が必要である、というのは常識だ。では国際救助隊は複数機のTB-2を所有していたのだろうか?
マスターファイル 国際救助隊 サンダーバード2号
発売元:SBクリエイティブ
発売日:2013年10月21日予定(※発売日は地域によって変わる場合があります)
価格:2,520円(税込)
仕様:A4変形・96ページ・カラー
購入はこちら

Thunderbirds TM and ©ITC Entertainment Group Limited 1964,
1999 and 2013.Licensed by ITV Ventures Limited. All rights reserved.

LINK


1件のコメント 懐かしきSF特撮の世界 サンダーバード2号のマスターファイル登場!

  1. 比叡 says:

    遅ればせながら昨日購入しました。謎の組織故の”薄い本”ではありますが、楽しめました。充分すぎるほどに。

    秘密組織のメカが取り上げられたのだから、我らが日本の”秘密組織”である「マイティジャック」のMJ号が出来るのではないかと思ったり。
    戦艦だし、艦載機いっぱいだし、後に国際機関の所属になってるから情報もある程度開示されてるだろうし。

    どうです?マイティジャック。

コメントを投稿