Cat Shit One’80 VOL.4のお陰で東京物語を知る

03.17.2013 · Category ニュース

写真!

 小林源文先生の原稿を受け取りに、毎日事務所に通う日々もようやく終わりを迎えました。

 お待たせしました。「Cat Shit One’80 VOL.4」の入稿、完了です! 小林先生、どうもお疲れ様でした!

 連載分+完全描き下ろしパート+Webに掲載された番外編を加えて3月下旬刊行(税込998円)となります。どうぞよろしくお願いします。

写真!

 さて、毎日足繁く先生の事務所に向かう途中、時間が許せば駅近くの本屋さんに立ち寄っていました。

 先日、そのコミックコーナーで滝沢聖峰さんの新作コミックを発見しました。それが今回紹介する「東京物語」(全2巻)です。

写真!
【東京物語〈上〉:購入はこちら】 / 【東京物語〈下〉:購入はこちら

 第二次大戦中の東京を舞台に、陸軍航空審査部のテストパイロットとその妻を描いたストーリーです。

 飛行機に乗った後に妻の待つ自宅に帰るという、今までにない自然な設定に「そりゃ、みんながみんな最前線で戦ってるわけじゃないよね」っと思わず納得してしまいます。もちろん物語後半には東京にも米戦闘機が飛んできますが。

写真!

 陸軍航空審査部だけあって色々な最新鋭機が登場し、飛行機好きには解説や空戦描写も見どころですが(最初それが目的で買いました!)、本作は主人公たちの日々の生活や、時代背景などの空気感が非常に気持ちよく描写されています。戦闘機描写で定評のある劇画家、滝沢聖峰さんの新たな素晴らしい一面を見た気がします。

写真!

 戦争の終結とともに迎えるラストもよくある二次大戦ものの悲痛なものではなく、とても新鮮な展開でした。

 今までは正直、陸軍の戦闘機にあまり興味がなかったのですが、影響を受けやすい性格なので、今まさに陸軍機マイブーム到来。このコミックを読んで日本陸軍航空機に俄然興味がでてきました。

写真!
©2013滝沢聖峰/大日本絵画

 その話を小林先生にしたところ、「その昔、オレが原稿落とすと彼が代原(代わりの原稿)で埋めてくれたんだよね」と笑っておられました。「Cat Shit One’80 VOL.4」はもちろんですが、滝沢聖峰さんの「東京物語」もオススメの一冊です!  GAでも描いてほしい作家さんなのです。

Cat Shit One’80 VOL.4
2013年3月31日発売予定 / 998円(税込) / 購入はこちら

©SOFTBANK Creative corp.

LINK


コメントを投稿