マスターアーカイブ Zガンダム登場!Zの鼓動を聞け

11.20.2012 · Category ニュース

写真!

 GA Graphicのガンダム関連書籍「マスターアーカイブ モビルスーツ(MFM)」の最新第3弾がついに登場! 今回取り上げるのは、全MSの中でも最も人気のある機体の1つ「Zガンダム」だ。【発売中 / 定価 2,520円(税込) / 購入はこちら

写真!

 ZガンダムはTVアニメ『機動戦士Zガンダム』の主役機であり、航空機型のウェイブライダー(WR)への変形機構を有し、そのスタイリッシュなフォルムから現在でも高い人気を誇る。

 マスターアーカイブでは、グリプス戦役中から第一次ネオ・ジオン戦争(ハマーン戦争)を通じて第一線で活躍したこのMSをつぶさに検証。開発経緯から内部機構まで、カミーユが乗り、その後ジュドーたちに引き継がれたZガンダム1号機を徹底的に解剖する。

写真!

 Zガンダムはデラーズ紛争の後、MS開発の主体がティターンズの主導する連邦軍工廠に移ろうとしていた時代、アナハイム・エレクトロニクス社が起死回生を狙って計画した「Z計画」によって生み出された。Zガンダムがロールアウトするまでには、δ(デルタ)ガンダム(後の百式)やメタスなど、実戦に投入できる完成度を持った変形実証機の存在がある。

 当時普及が始まっていたムーバブル・フレームの概念がいかに影響を与えたのか? なぜZガンダムの開発は難航したのか? 開発経緯ではその紆余曲折を詳細に解説。そのほか、配備直後の初期型から後期型までの違いや、どのようにバージョンアップされていったのかも豊富な図版で紹介している。

写真!

 内部構造では、ムーバブル・フレームや装甲材などの検証から始まり、Zガンダム機体本体の構造やシステムを、膨大な図版を使用して解説。図版は現在「月刊ガンダムエース(角川書店)」誌上にて連載中の「機動戦士Zガンダム Define」でメカニックデザインとして参加しているメカニカル・イラストレーター、瀧川虚至が担当。精緻な描き込みによる凄まじい情報量のイラストは、ひたすら圧倒的だ。

写真!

 また、Zガンダムの高性能を実現するために、AE社はどのようにバックアップしていたのか? 整備の面から見たZガンダムという切り口は、兵器であるMSのリアルな一面を露わにする。

 そのほか、ZガンダムをはじめとするエゥーゴのMSを運用した強襲巡洋艦アーガマについても、開発経緯や内部構造などを詳しく紹介!

 詳しい内容は、下記のコンテンツ一覧を参照すべし。発売は12月4日予定(発売日は地域によって変わる場合があります)。価格は2,520円(税込)。今すぐ本屋さんかこちらなどで予約しよう!

目 次 内 容
(グラビアページ) 衛星軌道上で作戦行動を行う〈Zガンダム〉を中心とする〈アーガマ〉MS部隊の特撮写真特集。
プロジェクトZ
~Zガンダム開発史~
アナハイム・エレクトロニクス社の「Z計画」を詳細に解説。計画に関連する〈δガンダム〉〈百式〉などにも触れる。ページ中には〈Zガンダム〉初期型~後期型、ウェーブシューター仕様、“ストライクゼータ”などの画稿を多数掲載。
Zガンダムの構造 いわゆる“Z系”TMSの基礎となった〈Zガンダム〉の構造やシステムを豊富な内部分解図などを駆使して徹底検証。40ページを費やし、フレームからセンサー系、可変システムに組み込まれた機構やアイデアの数々を解説する。
Zガンダム・ワークス グリプス戦役当時、最強のMSの1つであった〈Zガンダム〉はどのように整備、運用されていたのか? 高性能を維持するために敷かれたAE社派遣整備スタッフによるバックアップ体制、そしてパイロット、カミーユ・ビダンにスポットを当てる。
航空機としてのZ 〈Zガンダム〉を特殊なMSたらしめたウェイブライダー形態を実現するフライングアーマーを解説。大気圏突入用装備であり、ウィングバインダーであり、フライト・ユニットであるシステムのメカニズムとは?
強襲巡洋艦〈アーガマ〉 〈Zガンダム〉をはじめとするエゥーゴのフラグシップMSを擁した母艦〈アーガマ〉。その建造の経緯と艦体を詳細に解説。

マスターアーカイブ モビルスーツ MSZ-006 Zガンダム
発売元:ソフトバンク クリエイティブ
発売日:2012年12月4日予定(※発売日は地域によって変わる場合があります)
価格:2,520円(税込)
仕様:カラー/128ページ/A4変形
購入はこちら

©創通・サンライズ

LINK


コメントを投稿