【写真集】F-14トムキャットのビジュアル・マスターファイル発売!

11.07.2012 · Category ニュース

写真!

 その独特のスタイルから航空ファンのみならず多くの人に愛されている、アメリカ海軍の戦闘機F-14トムキャットの写真集が登場!

 この書籍は、GA Graphicが手がける書籍の新カテゴリー「ビジュアル・マスターファイル」シリーズの第1弾だ。トムキャットは「ファイナルカウントダウン」や「トップガン」といった映画で広く日本のファンに認知されたほか、「マクロス」シリーズのVF-1バルキリーにも縁の深い実在の戦闘機。アメリカ海軍ではすでに全部隊の機体が退役しているが、今回はその最終期の配備機を中心とした写真作品集となる。

写真!

 すべての撮影は、航空写真家として、またネイチャー系フォトの第一人者でもある写真家・中野耕志氏によるもの。トムキャット最後のクルーズとなった空母セオドア・ルーズベルトへの同乗取材、また同じく最後のエアショーとなったNASオシアナにおける撮影素材を中心とした構成だ。

写真!

 中野氏の写真からは、トムキャットの肌触りや鼓動までもが伝わってくるかのよう。彼ら(愛称が“雄猫”なので、敢えてこのように呼ぼう)を飛ばすため、甲板作業員たちが立ち働く空母上の空気感、そしてアメリカ国民に別れを告げる最後のエアショーでの“挨拶”のシーンからは、無機質な戦闘機であるはずのトムキャットがあたかも生き物であるかのような錯覚さえ起こさせる。

写真!

 本書に掲載した写真はすべて2000年代に入って普及したデジタルカメラによるもの。トムキャットが活躍し始めた時代のカメラは銀塩が一般的であったが、本書ではこの雄々しく優美な機体の姿をより鮮明に紙面に記録することを試みた。デジタルによるクリアな撮像を、美麗なFM印刷方式により鮮やかに再現。また、特殊な接着剤を使用した綴じ方法を採用しているので、本を開いたまま机上に置いておくことが可能で、模型製作時などに便利な仕様にしている。

 中野氏自身による「トムキャットの思い出」をはじめ、コメントも豊富に収録しており、目の前に機体が現出するかのような臨場感をもってトムキャットが迫る。

写真!

 機体に関する紹介部分は軍事評論家・岡部いさく氏が担当。そのほか二宮茂幸氏による機体解説、代表的な部隊解説も収録。トムキャットファン必携のフォトブックをぜひ手もとに。発売は2012年12月1日予定。購入はこちら

ビジュアル・マスターファイル F-14トムキャット
2012年12月1日発売予定(※発売日は地域によって前後する場合があります)
価格:2,310円(税込)
写真:中野耕志
発行:ソフトバンク クリエイティブ
編集:GA Graphic
購入:Amazon.co.jp

©Softbank Creative
※この書籍は写真集です。「ヴァリアブルファイター・マスターファイル」との直接の関係はなく、内容も異なります。

LINK


コメントを投稿