HS:タミヤの初代NSR500上下逆の独特のエンジンとタンクなどを堪能!

10.11.2012 · Category ニュース

 

写真

 NSRといえば、レーサーレプリカなどが人気を博した一時期のホンダを代表すると言っても過言ではない非常に印象深いバイクだ。

 しかも、初代NSR500である、この「Honda NSR500‘84」は、大胆にも燃料タンクをエンジンの下部に配置するという上下逆とも言えるエンジンレイアウトを採用している唯一のマシン。キットではその独特のレイアウトを再現。ヒストリカルな意味合いでも楽しめるキットになっている。

 カウルやチャンバーカバー、シートカウルは極小ビスで完成後も着脱可能。排気管が上に来る独特のレイアウトをいつでも確認できる。また、エンジン下に配置された燃料タンクも取りつけ位置に合わせた複雑な構造をしっかりと再現してある。

 金属製のファンネルネットやサイレンサーエンド、ステンレス削り出しのフロントフォークがセットになったディテールアップキット「Honda NSR500‘84フロントフォークセット」(1,890円(税込))も同時発売。フロントフォークは黒メッキ仕様で塗装せずに実写そのままの輝きを提供する。

「Honda NSR500‘84
タミヤ/4,200円(税込)/12月発売予定/1/12スケール

写真

写真

写真

©
※写真は試作品のため、実際の製品と異なる場合があります。

LINK

コメントを投稿