「神様はじめました◎」の大地丙太郎監督と上田埼玉県知事の対談レポ到着

01.10.2015 · Category アニメ

 TVアニメ第2期がはじまりました「神様はじめました◎」は原作を鈴木ジュリエッタ先生が「花とゆめ」で連載中(白泉社刊)の作品、コミックスは現在20巻まで発売されている。

 物語は女子高生ながらミカゲ社の神様になった桃園奈々生(ももぞのななみ)と神使の巴衛(ともえ)を中心とした、騒々しくもにぎやかな日々を描いた作品。タレントのAMEMIYAさんがアニメの第1期に続いて、CMに登場(声だけ)しているのも気になるポイントかもしれない。

 さてアニメの開始にあたって、大地丙太郎監督と上田埼玉県知事が対談。今回はその対談の様子が届いたので以下より掲載します。

◆ ◆ ◆

 12月25日(木)、大地丙太郎監督が「神様はじめました」の舞台・川越市のある埼玉県を訪れ、上田清司埼玉県知事を表敬訪問しました。

 とても和やかな雰囲気の中で行われた対談では、大地監督が第2期「神様はじめました◎」のストーリーを説明。「今回は神様の集まりに出席するために出雲に行き、後半では京都の鞍馬山に行ってという出張の話になります。その分、帰ってくると川越三昧です」と話すと、上田知事は興味津々の表情で質問を交えながらお聞きになっていました。

 第1期をご覧になった感想として、コメディ要素もあってとても面白かったと話された上田知事。本作以外でも大地監督作品を見たことがあるそうで、「知らないうちに子供たちが大地監督の作品を見ていたんですよ」とのこと。大地監督は「僕たちはお茶の間に流れる番組を作っているので、通りすがりに『面白そうなのをやっている』と立ち止まってもらうのが一番幸せです」と嬉しそうに語っていただきました。

 埼玉県は「神様はじめました」をはじめ、さまざまなアニメの舞台となっており、アニメへの取り組みが積極的な県としても有名。歩くのが好きで埼玉県内も歩いているという大地監督に、上田知事は行田市の忍城やさきたま古墳などの名所・旧跡を紹介しながら、埼玉県を舞台にいろいろ企画してくださいとお願いしていました。大地監督からも街づくりの提案がなされたりして2人は意気投合、今後の展開にも期待です。

©鈴木ジュリエッタ/白泉社・神様はじめました製作委員会2015

LINK

コメントを投稿