【ラグりん】#11放送直前!シリーズ構成・脚本の菅正太郎さんコメント

09.16.2012 · Category アニメ

 読売テレビでは月曜深夜、TOKYO MXで今夜22:00より放送の「輪廻のラグランジェ season2」情報をお届け!

写真!
■「輪廻のラグランジェ season2」 第11話より

 前回の第10話では、まどかたちの活躍によって“仲直り”したはずのディセルマインが、突如戦端を開く。混乱する軌道上、地上の面々だが、まどかたち3人は彼の真意を確かめるべく、ウォクスに乗り込んだ。しかし、ディセルマインの“狂気”は止まらず、なんと親友ヴィラジュリオをその手にかける──?

写真!
■「輪廻のラグランジェ season2」 第11話より

 ディセルマインが引き起こした異常現象は、2万年前に起こった惨劇の再現なのか? 輪廻の彼方へと飛ばされたまどかたちは、それを止めることができるのか? いよいよクライマックス! 今夜の第11話「鴨川の海の向こう側」をお楽しみに!

写真!
■「輪廻のラグランジェ season2」 第11話より

 今週の放送を前に、第11回となる今回は本編のシリーズ構成・脚本を担当する菅正太郎さんからコメントが到着したので紹介するぞ! 菅さんはこの『輪廻のラグランジェ』の中では、シナリオを手がける複数の脚本家の中心的存在。佐藤総監督や鈴木監督と連携し、作品全体をまとめる「シリーズ構成」の役割も担っているのだ。

 



菅正太郎(スガ ショウタロウ)さん
『輪廻のラグランジェ』ではシリーズ構成・脚本を担当。
代表作は『交響詩篇エウレカセブン』『DARKER THAN BLACK』シリーズなど。また、コミック『輪廻のラグランジェ~暁月のメモリア~』(スクウェア・エニックス「ヤングガンガン」連載中)の原作も手がける。

写真!
■「輪廻のラグランジェ season2」 第11話より

 #23と#24の見どころのひとつは、何と言っても、我々脚本チームがアイデアのままにかき散らかした、膨大な新設定世界観でしょうか(笑)。

 これは冗談として、脚本会議に参加する誰ひとりとして見たことのない輪廻の向こう側を、キャラクターの心情をひもときながら、佐藤総監督、鈴木監督を中心に、むんむんと想像を膨らませつつ、少しずつ形にしていきました。

 これをお客さんが目にする映像になるまでには、更に各スタッフの想像力がないと出来ません。

 オリジナルは作るのは大変だけれど、こういったところがきっと醍醐味ですし、見どころじゃないでしょうか。

写真!
■「輪廻のラグランジェ season2」 第11話より

 いよいよ物語的には、輪廻の核心に触れる部分ですが、その中においてもまどかたち三人のブレない行動が、もう一つの見どころだと思います。

 あと後日談もお楽しみに。

 


©ラグランジェ・プロジェクト

LINK

コメントを投稿